「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」                      (ヨハネによる福音書2029 

 主イエスが十字架に架けられて亡くなってから三日目の朝、女の弟子たちが御遺体に香油を塗ろうと墓に行くと、入口の大きな石が取り除かれていて、主イエスの遺体はなかった。すると天使が現れ、主イエスが復活されたことを告げた。彼女たちは、主イエスの御遺体を求めて墓に来たのだが、復活した主イエスに墓は要らない。墓から新しい命が始まったのだ。
 そのとき、復活の主イエスが「マリア」と言って現れた。彼女は思わず、「先生」と叫んで抱きつこうとしたが、主は「すがりつくのはよしなさい」と言われた。なぜか。復活された主とマリアとの関係は、以前の先生と弟子のような、抱き合って喜びあう間柄ではなく、ひれ伏して礼拝しなければならない関係になったのである。
 その日の夕方、弟子たちが、捕えられることを恐れ、また裏切った主イエスが復活したとの知らせにも喜ぶどころか怖れつつ、家の戸の鍵をかけて集まっていると、そこに主イエスが現れて、あなたがたに平和があるように」と言われ、手とわき腹をお見せになった。弟子たちは主イエスを裏切ってしまい、主イエスとの間には分厚い心の扉の鍵がかかっていたが、その扉を、主イエスの方から突き破って、弟子たちの前にまで来てくださった。そして、主は、弟子たちの罪をも赦してくださって、本当の「平和」を与えてくださったのだ。こうして、彼らは恐れから解放された。
 この日、そこにいなかったトマスは、「わたしはあの方の手に釘跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、・・・わたしは決して信じない」と言った。だが、一週間後に、そのトマスを目指して、主はもう一度来てくださり、「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。・・・」とまで言ってくださった。何とかトマスにも信じてほしいと思われたのである。だが続けて、「信じない者ではなく、信じる者になりなさい」とも言われた。主イエスは、復活を約束された言葉を信じることを喜んでくださるのだ。トマスは復活の主を見て信じた。だが私たちは今、主イエスのお姿を見ることは出来ない。しかし、標記のように、「見ないのに信じる人は、幸い」なのだ。私たちは聖書を通して御言葉を聞くことによって信じ、新しい命に生きることができる幸いを与えられているのである。

主日礼拝(復活節合同礼拝)説教<要 旨> 2015年4月5日  山本 清牧師 

 聖  書:ヨハネによる福音書20:1-29 
 説教題:「
イエスさまの復活」 説教リストに戻る