序.心が鈍くなっていた

今日は、マルコによる福音書645節以下の、「湖の上を歩く」という小見出しがつけられた箇所を与えられています。先週はすぐ前の、五千人に食べ物を与えられた箇所から御言葉を聴きましたが、それは、単に五つのパンと二匹の魚を五千人以上もの人が食べて満腹したという奇跡の業を伝えているのではなくて、飼い主のいない羊のような人々を深く憐れまれた主イエスの心を理解せずに、早く解散させようとした弟子たちが、自分たちの持てるものを用いて、もう一度主イエスの御業に参加させられたという出来事でありました。
 
そのような体験をした弟子たちの信仰は、大きく前進することになったのでしょうか。今日の箇所の最後の52節を見ますと、こう書かれています。パンの出来事を理解せず、心が鈍くなっていたからである。パンの出来事を体験したにもかかわらず、まだ主イエスの心を理解できていなかったばかりか、今日の箇所でも大きな体験をするのですが、それでも心の鈍さは解消されなかったのであります。
 
では、そんなインパクトの小さな出来事のことを今日も聞いても、意味がないということでしょうか。そうではありません。この日の出来事が、とても意味のあることだったことに後になってから気づいた弟子たちが、「あの時は、私たちの心が鈍くなっていました」と人々に話したので、このように福音書に残されることになったのであります。
 
私たちもまた、しばしば心が鈍くなる者であります。私たちは聖書を通して、またこのような礼拝を通して、主イエスのなさった事や語られた言葉について多くの情報を与えられているにもかかわらず、なお、主イエスの御心との間にズレが生じてしまうのであります。
 
今日は、この与えられた箇所を通して、自分たちの不信仰な姿を明らかにされながら、主イエスの行動と言葉を通して、その御心に少しでも近付くことが出来ればと思います。いや、近付くというよりも主イエスの方から近付いて来てくださることを願っております。

1.強いて舟に乗せ

さて、今日の箇所を見て行きましょう。45節に、それからすぐ、イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸のベトサイダへ先に行かせ、その間に御自分は群衆を解散させられた、とあります。
 
ここに、「弟子たちを強いて舟に乗せ」と書かれています。無理矢理、または強制的に舟に乗せたということです。なぜなのでしょうか。ガリラヤ湖のことに詳しい弟子たちが、天候が悪くなるのを予感して舟を出すことを渋ったとも考えられますが、併行箇所のヨハネ福音書の方を見ると、船出のすぐ前に、「イエスは、人々が来て、自分を王にするために連れて行こうとしているのを知り、ひとりで山に退かれた」(ヨハネ615)ということが書いてあります。主イエスが五千人以上の人にパンを与えられたということで、人々の期待が膨らみ、熱狂して主イエスを王に仕立てようとしたらしいのであります。それは主イエスが望んでおられることではありませんし、弟子たちがそんな動きに巻き込まれないように配慮されたのではないでしょうか。パンの出来事の前には、弟子たちが救いを求める群衆の心を理解せずに彼らを解散させたいと思いましたが、ここでは主イエス自らが群衆を解散させられたのであります。群衆も弟子たちも主イエスの御心を理解できなかったのであります。
 
そして、46節によると、主イエスは群衆と分かれてから、祈るために山へ行かれました。主イエスは時折このように山に登って一人で祈られたことが聖書に記されています。主イエスの思いを弟子や群衆が理解しない中で、神様の御心を確かめるためであったのでしょう。弟子たちを強いて舟に乗り込ませ、群衆も解散させられたのですが、主イエスは彼らを見放されたわけではなくて、むしろ彼らのことを思い、彼らのために自分は何をすべきかを神様に確かめられたのでしょう。このような主イエスがおられるので、弟子たちも、群衆も、そして私たちも守られているのであります。

2. 湖の上を歩いて

一方、弟子たちが乗った舟は、ベトサイダに向けて出発し、夕方になると、舟は湖の真ん中に出ていました。主イエスとはどこかで落ち合う約束があったのかもしれませんが、主イエスだけは陸地におられて、舟は陸から離れてしまっていたようであります。もう風向きが予想とは変わっていたのかもしれません。48節によると、逆風のために弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを見て、夜が明けるころ、湖の上を歩いて弟子たちのところに行き、そばを通り過ぎようとされたのであります。53節を見ると、「こうして、一行は湖を渡り、ゲネサレトという土地に着いて舟をつないだ」とあります。ゲネサレトという場所は聖書の載っている地図にはありませんが、ガリラヤ湖の西岸の土地で、ベトサイダとは逆の方向になります。逆風のために反対の方へ流されたということなのでしょうか。詳しいことは分かっていませんが、場所の特定はこの出来事の理解にあまり影響はないと思います。
 
ここで一つ疑問になることは、主イエスが強いて乗り込ませた舟がなぜ逆風に悩まされなければならないのか、という点であります。私たちの人生の中でも、色々な形で逆風に遭遇することがあります。キリスト者であれば逆風に遭わないかというと、そうとは限りません。では、逆風は偶然か、運命的なもので神様もどうすることが出来ないのか、それとも私たちの過ちに対する罰のようなものなのか、あるいは試練を与えて鍛えるためなのか、と色々なことを考えてしまいます。しかしそれは、私たちには分からないことです。しかし、運命だとして諦めるのは間違っているでしょう。神様がどうすることも出来ないとは考えられません。しかし、神様がわざと私たちを苦しい目に遭わせられる、というように決め付けることも出来ません。ここで大事なことは、そうした逆風の中にある私たちのことを神様がご存じないわけではない、ということであります。ここでは「弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを見て」とあります。ここは正確に訳すと「弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを御覧になりつつ」となります。主イエスは祈っておられても、弟子たちのことをずっと覚え続けて見守っておられて、決して忘れたり、目を離しておられたわけではない、弟子たちが苦労しているのを知っておられたということであります。主イエスは私たちの遭う逆風も見ておられるということです。そして私たちのために神様に祈ってくださっているということです。たとい私たちがどんなに神様から遠く引き離され、棄てられたように思える状態の中に置かれることがあっても、主イエスは決して私たちから目を離しておられるのではなく、私たちを見守っていて下さるのだ、ということをしっかりと覚えたいと思います。
 
この弟子たちの状態は、夜が明けるまで続きました。夜通し逆風が吹き続け、主イエスの夜通し祈り続けられたのであります。その間に、ヨハネ福音書によれば、舟は陸から二十五ないし三十スタディオン、即ち、5キロばかり離れていましたが、主イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところに来られたのであります。
 
しかし、そのあとで「そばを通り過ぎようとされた」という表現があります。これはどういうことを表わしているのでしょうか。これは主イエスが弟子たちを見過ごしにされたという意味ではなくて、なおも先へと進んで行こうとされたという意味だと理解できます。逆風が収まって弟子たちがくつろぐのが最終目的ではなくて、目的地があるわけですから、更に先へ進まれたということでしょう。なお、この「通り過ぎる」という表現は、旧約聖書では神様が現れられる時に用いられる言い方で、例えば、列王記上1911節では、ホレブの山に逃れた預言者エリヤのそばを「主が通り過ぎて行かれた」とありますが、これは神様が現臨しておられる、顕現されたということを意味しているのです。しかし、私たちは心が鈍くなっていて、そのことに気づかないことが多いのであります。この時の弟子たちも、すぐにイエス様が来られたとは気づかなかったようであります。

3.おびえた弟子たち

49節を見ますと、弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、幽霊だと思い、大声で叫んだ、と書かれています。「幽霊」と訳されている言葉は、「妖怪」とか「亡霊」を意味して、夜の間や夢の中で現れて人間に不幸をもたらすものだとされていました。本当には存在しないもの、実在しないものです。弟子たちが主イエスを幽霊とか亡霊としか見なかったということは、実在しないと思ったということです。そこに、弟子たちの信仰の大きな問題があります。幽霊や亡霊であれば、それは現実ではないということです。もし、この出来事や後の復活の出来事を幽霊や亡霊だったと理解するならば、心の中の願望が幻想となって現れたに過ぎないという合理的な説明になって、分かりやすいかもしれませんが、そこには、何の救いもありません。しかし、この時の弟子たちは幽霊かと思って怯えて、大声で叫んだのであります。後日、復活の主に出会ってはじめて、この時に幽霊と思ったのが本物の主イエスその方であったということを正しく悟ることが出来たのでしょう。ですからこの時のことを、後日思い出しながら、「心が鈍くなっていたから」、パンの出来事を理解できず、この出来事も現実のこととして受け取ることが出来なかったのだ、という思いを込めて書いているのでしょう。

4.安心しなさい

主イエスを見て幽霊だと思って怯えている、心の鈍い弟子たちに向かって、主イエスはすぐ話し始められました。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」
 
この中で「わたしだ」という言葉は、英語で言うと、I am.で、ギリシャ語では、エゴー・エイミと言います。「私がここにいる」という意味です。幽霊や亡霊は「わたしだ」とは言いません。そこに生きた人格がある、ということです。旧約聖書で、モーセが神様の名前を尋ねたときに、神様は「わたしはあるというものだ」と答えられました(出314)。<私が神であって、他に神はない>という意味が込められています。また、申命記3239節では、「しかし見よ、わたしこそ、わたしこそそれである」と言っておられます。神様自身が自己確認されるときの言い方です。新約聖書では、ヨハネ福音書に「私は良い羊飼いである」とか「私は世の光である」と言われたときに使われている言葉が、「エゴー・エイミー・○○」です。
 
この出来事を書いたマタイ福音書の併行箇所では、「舟の中にいた人たちは、『本当に、あなたは神の子です』と言ってイエスを拝んだ」と記しています。ですから、他でもない主イエスがそこにおられるという確認の意味だけではなく、神の子としての主イエスが一緒にいて下さる、という意味が込められているのであります。
 
「安心しなさい」という言葉は「勇気を出しなさい」とも訳されます。逆風の中にあっても、嵐の只中にあっても、「神の子である私がここにいて、あなたたちを守るのだから、安心しなさい」と言っておられるのであります。「安心」というのは、ただ心が安らぐという意味ではなくて、勇気が湧いてくるのです。立止まって安心するだけではなくて、更に先に進んで行く勇気さえ湧いて来るのであります。
 
「恐れることはない」という言葉も、「今、恐れるな」というだけではなくて、恐れることが続くのを禁止する意味が含まれていて、「恐れることをやめなさい、もはやこれ以上恐れることはない」と言っておられるのです。
 
これらの言葉は、聖書が書かれた時代に、迫害の中にあった初代教会の人々にとって、大きな安心と勇気を与えるものとなったに違いありません。だからこそ、このように書き残しているわけです。私たちもまた、この主イエスの言葉を自分に語りかけられた言葉として受け取ることによって、今も生きて私たちと共にいて下さる主イエス・キリストとの出会いに導かれるのであります。

結.まだ、分からないのか

ところが、51節から先を見ると、このように書かれています。イエスが舟に乗り込まれると、風は静まり、弟子たちは心の中で非常に驚いた。パンの出来事を理解せず、心が鈍くなっていたからである。
 
主イエスが舟に乗り込まれて、風は静まりました。4章で突風が起こった時には、主イエスが風と湖を叱って、静められました。しかし、この時は逆風を収められる言葉を語っておられません。主イエスの言葉によって奇跡的に収まったのではなくて、止むべきときに止んだのかもしれませんし、主イエスが舟に乗り込まれただけで、逆風も収まったということかもしれません。ところが、そのことを弟子たちは心の中で非常に驚いたと書いているのです。更に、日本語の訳では表われていませんが、52節の最初には「なぜなら」という言葉がついているのです。弟子たちが驚いたのは、なぜかと言うと、パンの出来事を体験しながら、心が鈍くなっていたので、その大切な意味を理解できなかった、というのであります。「心が鈍くなっていた」という言葉は、もともと建築に用いられる石を意味するそうで、頑固で心が石のように硬くなっていたということです。
 
パンの出来事の大切な意味というのは、主イエスがどのようなお方であるか、主イエスの御心はどこにあったか、ということであります。主イエスが大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のような有様を深く憐れまれました。それは腹わたをえぐるという意味があると申しました。主イエスが自らの命をも惜しまれないほど、憐れまれたということであります。そのような主イエスの御心が分からず、心が鈍くなっていたのであります。
 
今日の箇所の先になりますが、816節以下を見ますと、弟子たちがパンを持ち合わせていなかったことで論じ合っているのに気づかれた主イエスの言葉があります。17節です。イエスはそれに気づいて言われた。「なぜ、パンを持っていないことで議論するのか。まだ、分からないのか。悟らないのか。心がかたくなになっているのか。」817)大変厳しいお叱りを受けています。弟子たちは何を悟っていないのでしょうか。
 ヨハネ福音書にも今日の箇所の併行記事があります。そこを開いてみましょう。ヨハネ616節以下(p174)です。16節から21節までが併行箇所ですが、その後の22節以下には「イエスは命のパン」という小見出しがついています。ここには翌日のことが記されているのですが、25節以下を読みます。

そして、湖の向こう岸でイエスを見つけると、「ラビ、いつここにおいでになったのですか」と言った。イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。あなたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満足したからだ。朽ちる食べ物のためでなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である。」(少し飛ばして、下の段の34節から読みます。)そこで、彼らが、「主よ、そのパンをいつもわたしたちにください」と言うと、イエスは言われた。「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない。」(ヨハネ6:25273435
 
つまり、主イエス御自身が命のパンであるということを、弟子たちの心が鈍いために分かっていなかったのであります。
 
マルコ福音書では、このあと間もなく、主イエスの死と復活のことを予告し始められます。それは、831節であります。それからイエスは、人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日の後に復活することになっている、と弟子たちに教え始められた。
 
弟子たちが、この時に十字架と復活のことが分からないのは無理からぬことであるかもしれません。しかし、人々のために、そして弟子たちのためにも、御自分の体をパンとして与えようとまで考えておられる御心に触れていなかったのは、後から考えると、やはり心が鈍くなっていたと思い返しているのであります。
 
私たちも、逆風に遭遇する中で、心が鈍くなって、主イエスの御心を見失ってしまいます。殊に、今は天に昇られた主イエスのお姿を見ることができません。そうすると、私たちは自分たちだけで逆風に立ち向かっているように思ってしまいます。そんな私たちを、「まだ、分からないのか。悟らないのか」とお叱りになるのではないでしょうか。しかし、主イエスは山ではなく今や天において、私たちのために祈っておられます。そして、私たちが漕ぎ悩んでいる様子も全部見ておられるのであります。そして、必要になれば、私たちに、「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」と声をかけて下さいます。そして、私たちを不信仰から救い出して下さるのであります。
 
祈りましょう。

祈  り

救い主イエス・キリストの父なる神様!
 
漕ぎ悩んでいる私たちであります。心が鈍くなって、不安と恐れの中にある者たちであります。
 
どうか、主が私たちのために祈っていて下さり、私たちのために命さえ差し出して救おうとして下さっていることを覚えさせて下さい。
 
今、この群れの中にあって、厳しい状況の中で喘いでいる者にも、また、あなたの御言葉から離れている者にも、あなたを見上げ、あなたの御心を悟り、御前にぬかずく信仰をお与え下さい。
 
主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

米子伝道所 主日礼拝説教<全原稿> 2013年2月10日  山本 清牧師 

 聖  書:マルコ6:45−52
 説教題:「
安心しなさい」         説教リストに戻る