「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。」             (ルカによる福音書147 

 主イエスの母マリアは、男の子を身ごもったという知らせを聞いて、すぐに、身ごもって6ヶ月になるというエリサベトを訪問した。それは喜びを共有するためである。その時に歌ったのが「マリアの賛歌」である。その冒頭には、標記のように、彼女の喜びの心情が表わされているが、私たちはこのような喜びをもってクリスマスを待ち望んでいるかと問いかけられているのではないか。
 では、彼女を喜びへと突き動かしているものは何か。それは天使が「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む」と告げたように、聖霊の働きによるのであり、これまで約束として信じられてきた救いの御業が現実のこととなりつつあるからである。
 更に、マリアは賛歌の中で、喜びの二つの理由を挙げている。一つは、「身分の低い、この主のはしためにも、目を留めてくださったからです(48)と言うように、社会的に弱い立場にあり、神の前でも自分を主張できる権利のない者を用いて下さるということである。このように、神は出来の良い人間、取り柄のある人間、世間的に評価されている人間に目を留められるのではないし、罪を犯すことのない正しい人間だけを用いられるのでもない。
 喜びの今一つの理由は、「力ある方が、わたしに偉大なことをなさいましたから」と述べていることで、その「偉大なこと」とは、神の子が一人の人間として地上に来られ、人間の罪を自ら担われるということであり、「その憐れみは代々限りなく、主を畏れる者に及ぶ(50)のである。そこでは、思い上がる者は打ち散らされ(54)、「身分の低い者」「飢えた人」(5253)が高く上げられると言う。それは、神以外に頼るべきものを持たない人、恵みの御言葉に飢えている人こそ、神の国の一員として救いの御業に加えていただけるということである。
 マリアがこのような賛歌を歌うことが出来たのは、彼女が信仰深かったからでも、謙遜な人間だったからでもない。神が目を留めて下さって、聖霊が働いた結果で起こされた奇跡である。神は私たちにも目を留めて下さって、礼拝へと招いて下さっているのではないか。

米子伝道所 主日礼拝説教<要 旨> 2012年12月9日  山本 清牧師 

 聖  書:ルカによる福音書1:46−56 説教題:「マリアの賛歌」         説教リストに戻る