イエスは言われた。「するままにさせておきなさい。なぜ、この人を困らせるのか。わたしに良いことをしてくれたのだ。」
                           (マルコによる福音書14:6) 

 祭司長や律法学者たちが主イエスを捕らえて殺そうと考えていた切迫した状況の中で、主イエスがベタニアのシモンの家で食事の席に着いておられたとき、一人の女が高価なナルドの香油の入った石膏の壷を壊し、香油を主イエスの頭に注ぎかけた。香油を注ぐということは、恋人の前に出る女性が頭や髪につける場合、賓客をもてなす場合、死者の葬りの場合に行われるが、高価な香油を大量に注いだ女の行為は異常であった。主イエスにとって何か大変な事態が起りそうだと直感的に感じとった女は、今自分にできる最高のことをしておきたいと思ったのであろう。これは礼拝行為であると言える。
 この女のしたことに対して、怒りの声が噴出した。人々は「この香油を300デナリオン(約300万円)以上に売って、貧しい人々に施すことができたのに」と正論を述べてとがめた。ところが、主イエスは標記のように言われた。「良いこと」とは、単に倫理的に善いということではなく、<神に喜ばれる美しい振る舞い>という意味である。そして主は、「わたしはいつも一緒にいるわけではない」と死の時が迫っていることを告げられ、「この人は、できるかぎりのことをした。つまり、前もってわたしの体に香油を注ぎ、埋葬の準備をしてくれた」と言われた。まだ生きておられる主イエスに香油を注ぐことは無駄なことだが、主はそれを喜ばれた。主のために今出来る精一杯のことをすることが、「良いこと」なのである。
 香油を注ぐことは、王や祭司や預言者の任職の際にも行われたことであるが、主イエスは十字架の御業によって、真の王、真の大祭司、真の預言者となられた。女の行為はそのことをも指し示している。主は女のしたことに対して更に、「世界中どこでも、福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう」と言われた。現にその通り語り伝えられている。主イエスは私たちが献げる精一杯の礼拝をも、「良いこと」として、同様に喜んで下さるに違いない。

米子伝道所 主日礼拝説教<要 旨> 2012年3月18日  山本 清牧師 

 聖  書:マルコ14:3−9
 説教題:「良いこととは」
         説教リストに戻る