真夜中ごろ、パウロとシラスが賛美の歌をうたって神に祈っていると、ほかの囚人たちはこれに聞き入っていた。(使徒言行録16:25)
              
 パウロとシラスはフィリピの町で、占いの霊に取りつかれている女の霊を追い出して町を混乱させたという理由で、鞭で打たれた上、牢に投げ込まれ、足枷をはめられた。理不尽な投獄であったが、パウロとシラスは嘆いたり怒ったりせず、真夜中の牢の中で賛美の歌をうたって神に祈っていると、ほかの囚人たちはこれに聞き入っていた。二人の声は、まるで暗闇に一筋の光が差し込むように、囚人たちの暗い心に光をもたらしたのだ。
 その時、突然、大地震が起こり、牢の戸がみな開き、囚人たちの鎖も外れた。だが、囚人たちは逃げ出さず、パウロたちと一緒にいた。看守は牢の戸が開いているのを見て、囚人たちが逃げてしまったと思い込み、自殺しようとした。ローマの法律では、囚人を逃がした看守はその責任をとって、囚人の刑を身代わりで負わねばならなかったからである。パウロは大声で「自害してはいけない。わたしたちは皆ここにいる」と叫ぶと、看守はパウロたちの前にひれ伏して、「先生方(主よ)、救われるためにはどうすべきでしょうか」と言った。二人は、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます」と答えた。そして、看守とその家族に主の言葉(十字架の福音)を語った。こうして、看守一家が救われた。
 この夜、突然の大地震が起こったのは、単なる偶然ではなく、神が起こされた奇跡であり、牢の戸が開き鎖が外れても囚人たちが逃げなかったことや、看守の一家が主イエスを信じて救われたのも、普通では考えられないことであるが、これら全ての不思議な出来事の発端はパウロとシラスが賛美の歌をうたって神に祈っていたことにある。パウロたちは、どうしてそのようなことが出来たのか。それは、「神の言葉はつながれていない」(Uテモテ2:9)と述べているように、体の自由は奪われていても、十字架の福音の力を信じていたので、心が縛られていなかったからである。

 米子伝道所主日礼拝説教<要 旨>     2010年5月30日  山本 清牧師 

 聖  書:使徒言行録16:25−34
 説教題:「牢の中の賛美」
         説教リストに戻る