序.酔いどれ者への託宣

・イザヤ書を二ヶ月に一回取り上げて参りまして、28章に至りました。24章から27章までは、「イザヤの黙示録」と呼ばれる箇所で、終末における世界の裁きと神の民の勝利が語られて来たのでありますが、今日の28章から33章までは、そのような終末的な黙示を踏まえつつ、現実のユダの指導者に対する託宣が語られて参ります。

・ここを読みますときに、まさに今、わが国の国会で起きようとしていることが頭をよぎるのでありますが、私たちはこれを、単に政治指導者たちへの警告として聞くのではなく、私たちの信仰生活のあり方、教会のあり方についての警告ないしはメッセージとして聞かなければならないのではないかと思います。

・今日の箇所には、「酔いどれ」とか、「ぶどう酒(または濃い酒)を飲んでよろめき」という言葉が出て来ますし、10節と13節には、酔った人がしゃべっているような意味不明の言葉が書かれていまして、当時の指導者が酒宴に明け暮れして、大切な判断が的確に行なえなくなっている状況を批判してように受け取れるのでありますが、これは文字通り酒に酔っているというよりも、神様の御心を差し置いて、自らを誇り、自らの知恵で難局を切り抜けようとして、その判断が酔ったように揺れ動いている指導者たちの姿を比喩的に語っているとも、受け取れるのであります。

・いずれにしましても、今日、私たちがここから聴き取らねばならないのは、大昔のサマリアやユダに対する預言者イザヤの警告ではありませんし、現代の政治指導者たちへの小気味良い批判でもなくて、正に私たち自身の神様との関係が問われているのではないかと思うのであります。「酔いどれ」とは私たちのことであり、ぶどう酒を飲んでよろめいているのは、私たちではないのか、ということであります。

1.酔いどれの誇る冠

1節の初めに、災いだ、エフライムの酔いどれの誇る冠は、とあります。「エフライム」とは北王国イスラエルのことであります。28章以下は南王国ユダに対する託宣が語られて行くのですが、それに先立って、既に神の裁きを受けてアッシリアによって陥落した北王国イスラエルのことを思い出させているのであります。「酔いどれの誇る冠」とは、北イスラエルの首都サマリアのことなのですが、サマリアは地形的に周辺が谷に囲まれた丘の上の高い位置にあって、塔のある城壁で囲まれていたので、冠のように見えたことから、このような比喩が用いられているのであります。「酔いどれ」とは、サマリアの政治指導者たちのことで、サマリアの地形が象徴するように高慢で、酒宴に明け暮れ、贅沢な生活をしていたことを表現しているのであります。

・だが、その麗しい輝きは肥沃な谷にある丘を飾っているが、しぼんでゆく花にすぎない、と述べております。「麗しい輝き」と表現されていますサマリアの贅沢な生活は、周囲の肥沃な谷で生産される農作物によって支えられているのでありまして、それは、「しぼんでゆく花にすぎない」と語ります。

そして、2節、3節で、こう語ります。見よ、主は強く激しい力を持っておられる。主は、激しく降る雹、破壊をもたらす大風、激しく押し流す洪水のように、御手をもって地に投げ倒し、エフライムの酔いどれの誇る冠を、御足で踏みにじられる。――サマリアが陥落したのは、強力な軍隊を持つアッシリアによってであり、雹とか大風とか洪水で表現されているのも、そのアッシリア軍による侵略のことでありますが、イザヤはそれを主の力、主の御手、主の御足によると述べております。神様の裁きを受けたのであります。周辺農民に支えられて物質的に豊かな生活を貪り、神の恵みを忘れていたことに対する神の裁きであります。

4節では、1節と同様に「丘を飾っている麗しい輝き」の比喩を用いながら、更に、夏に先がける初なりのいちじくのように、それを見る者は、見るやいなや、手に取って呑み込んでしまう、と語ります。肥沃な谷に囲まれたサマリアは、初なりのいちじくのように美味しそうに見えて、アッシリアによって、あっけなく呑み込まれてしまったのであります。

・このような歴史的事実をもとに、イザヤは南王国ユダに対する警告を発しているのでありますが、これはまた、現代の私たちに対する神様の警告でもあります。私たちは酔いどれてなんかいない、贅沢な暮らしなどしていない、と言うかもしれません。しかし、私たちが曲がりなりにも「麗しい輝き」を保っていられるのは、私たちの周囲にそれを支える人たちがおり、またわが国の繁栄を支える貧しい国々があるからではないでしょうか。そこには神様の計らいがあります。そのことを忘れて自らを誇るのは、酔いどれた指導者たちと同じであります。私たちは日頃、謙遜なように振舞っています。しかし、心の内は、いつも他人を見下げたり非難したりして、自分を正しい者として、自分を「麗しい輝き」を放つ冠のような位置に置いていないでしょうか。そして、自分を非難したり、持ち上げてくれない者がいたら赦せないのであります。そこには、主を信じる者から程遠い私たちの姿があります。

・そんな私たちは「しぼんでゆく花」にすぎません。神様の赦しがなければ、先日山口県の防府市を襲った土石流のように、私たちは一瞬にして投げ倒され、呑み込まれて、滅び去らねばならない者であります。誇りとしていた「麗しい輝き」の冠も、踏みにじられてしまいます。人は誇りを持たないと生きて行けません。しかし、神様が計らって下さっていること、多くの人々の支えがあることを忘れて、自分の力や努力で勝ち取ったと思って誇っている「麗しい輝き」は一瞬にして取り去られるのであります。

2.主が麗しい冠、輝く花輪

・以上は、自らを誇って神を忘れたサマリアに対する神の裁きがあったという歴史的事実をもとにして警告を語って来たのでありますが、56節は、一転して、その日のことが語られます。

・「その日」については、イザヤ書でこれまでも何度も述べられていましたが、主の裁きが行なわれる日であるとともに、ここでも出て来ます残りの者が救われる日でもあります。「その日」には、神に背く民は徹底的に滅ぼされます。しかし、一方において「残りの者」があるのです。それは、幸運にも神の裁きを免れることが出来た者だとか、何か良いところがあったから残された、というのではなくて、神様の一方的な働きかけによって残されるのであります。ここでもイザヤはこう述べています。その日には、万軍の主が民の残りの者にとって麗しい冠、輝く花輪となられる。――これまでは自分たちの力や置かれた立場が麗しい輝きを放つ冠でありましたが、「その日」には、主ご自身が「麗しい冠」になられます。これまでは周囲にある肥沃な谷がサマリアの丘を花輪のように飾っていましたが、「その日」には、主ご自身が「輝く花輪」となられるのであります。「残りの者」には誇るべきものは何もないのです。「残りの者」にとっては、ただ主が誇りとなり、冠となり、花輪となるのであります。

6節には、裁きの座に着く者には、裁きの霊となり、敵の攻撃を城門で押し返す者には、雄々しい力となられる、とあります。「裁きの座に着く者」とは王とか裁判官のことですが、「その日」以降にそのような役割を与えられる者は、自らの能力や見識をもって治めたり裁いたりするのではなくて、主ご自身が「裁きの霊」となって御支配なさり、正義を守られるのであります。また、敵の攻撃に際しても、自分たちの兵力によるのでなく、主ご自身が「雄々しい力」となって、敵を押し返して下さるのであります。

ここでイザヤが述べております「その日」とか「残された者」という言葉で約束されていることを、私たちはどう受け止めればよいのでしょうか。――キリスト者にとって、「その日」とは主イエス・キリストの十字架と復活の御業が行なわれた日であり、「残された者」とは、その主イエスを信じて救いに入れられたキリスト者のことであります。主イエス・キリストの十字架によって、私たちの誇りの冠は打ち砕かれて輝きを失い、主の復活の恵みを受けた私たちは、主を「麗しい冠」とし「輝く花輪」とする者に生まれ変わるのであります。キリスト者の生活の中で「裁きの座」に着くのは私たちではありません。私たちの家庭や職場や国家や教会を支配し裁きを行なうのは、「裁きの霊」となって下さる主であります。一家の主人は夫でもなく妻でもなく、主であります。職場をリードするのは社長でもなく、社員でもなく、主であります。国家を治めるのは、総理大臣でもなく、政治家でもなく、官僚でもなく、国民でもなく、主であります。教会を治めるのも、当然のことながら、牧師でも長老や委員でもなく、主であります。教会では会議で物事が決められます。それは、民主主義の原則に添っているからではありません。会議の決定の中に主の霊が働いて下さると信じるからであります。国土や地域を外敵から守るのは、軍事力でも、外交力でもありません。主が押し返して下さるのであります。

3.濃い酒を飲んでよろめく

・さて、7節以降は、いよいよ南王国ユダについての託宣に入ります。冒頭に、彼らもまた、とありますが、これはサマリアの人々ではなくて、その後に出て来るように、ユダの祭司や預言者のことであります。彼らもまた、サマリアの指導者たちと同様に、酒に酔った姿で表現されています。

・時代はヒゼキア王の頃と考えられますが、父のアハズ王はアッシリア王に頼って、国の存続を図ったのですが、ヒゼキア王はもう一つの大国であるエジプトの力を頼んで、反アッシリア路線をとります。そうした中でイザヤは、一貫して反アッシリア政策を批判し、北イスラエルの轍を踏まないで、ただ神に頼るべきことを説きました。今日の箇所では、王に対してではなく、祭司や預言者といった宗教指導者に対する批判が述べられています。

ぶどう酒を飲んでよろめき、濃い酒のゆえに迷う。祭司も預言者も濃い酒を飲んでよろめき、ぶどう酒に飲まれてしまう。濃い酒のゆえに迷い、幻を見るとき、よろめき、裁きを下すとき、つまずく。どの食卓にも吐いた物が溢れ、至るところに汚物がある。――濃い酒に酩酊して、まともな判断が出来なくなっている状態が描かれています。祭司は祭儀を行い、律法に従って正しい裁きを行なう使命があります。預言者は神と民との間に立って、幻によって託宣を語る務めがあります。しかし、酒に酔って、そのような務めが果たせなくなっている、というのであります。実際に酒に酔ってばかりいたというよりも、比喩的な表現でありましょうが、アッシリアに頼るべきか、エジプトに頼るべきかで、あたかも酒に酔ったように、方針が揺れ動いていることも表わしているのかもしれません。何よりも、宗教指導者でありながら、神様に信頼することをしないために、よろめかざるを得ないのであります。「どの食卓にも吐いた物が溢れ、至るところに汚物がある」というのは、そうした指導者の迷走状態のゆえに、社会のあちこちが乱れて、悪で汚れている状態を表しているのでありましょう。

私たちは、このようなユダの迷走ぶりを笑うことは出来ませんし、現代の日本の政治情勢に当てはめて批判するだけでは、何の益にもならないでしょう。私たちはわが国の将来を左右する政治指導者たちと、それを選ぶ選挙のためにも祈らなければなりません。しかし、それだけではなく、このイザヤの言葉によって自らを省みる必要があります。祭司や預言者は宗教指導者でありながら、よろめき、迷っているのであります。私たちもまた、神を信じる者でありながら、神に信頼することを忘れて、よろめいたり、つまずいたりするのであります。自信がなくなって、ふらふらするというよりも、むしろ自分を正しいとし、自らを誇っているとき、神様を必要としないかのように自信を持っているときに、神様の道を離れて、迷走するのであります。そして、本当の預言者の言葉を素直に受け入れることが出来なくなるのであります。その結果、あたかも吐いた汚物を撒き散らすように、自分の周りに愛を欠いた醜い争いや不信や差別などを撒き散らすのであります。

4.異国の言葉で

・9節は、そうしたイザヤの告発に対して、祭司や預言者の反発の言葉が記されています。誰に知るべきことを教え、お告げを説き明かそうというのか。乳離れした子にか、乳房を離れた幼子にか。――イザヤの告発にプライドを傷つけられた祭司や預言者たちが、<一体あなたは誰に教えようとしているのか、乳幼児にでも教えているのか>、と言っているのであります。

10節には意味不明の言葉が並んでいます。これは酔っ払いがからんで言っている言葉にも読めますが、子供にアルファベットを教える際に使われたものではないかと言われています。つまり、子供にアルファベットを教えるようなことをイザヤは言うのか、と反発しているのであります。

・それに対してイザヤは11節で、こう言います。確かに、主はどもる唇と異国の言葉で、この民に語られる。――これは10節の幼児の言葉にかけながら、アッシリア人の語る言葉がユダヤ人にはどもっているように聞こえることを言っていて、イザヤが言わんとすることは、アッシリア人に滅ぼされて、異国の言葉を聞くような羽目になる、つまり占領されることになるのですよ、と警告しているのであります。

・私たちの日常はどうでしょうか。神の言葉が隅に押しやられて、異国の言葉に占領されていないでしょうか。世間の常識の言葉や、人間的な判断の言葉、自己本位な言葉で満たされてしまって、神の言葉を聴くことが出来なくなっていないでしょうか。米子伝道所の本年の目標は「御言葉に親しみ、伝える」ということでありました。既に半年が過ぎましたが、御言葉に聴く機会が増えたでしょうか。

11節を注意して読むと、「主はどもる唇と異国の言葉でこの民に語られる」とあって、ユダの民に対して異国の言葉が語られるのは、他でもない主ご自身であります。主の言葉であるのに、異国の言葉のように理解できなくなる、主が語って下さっているのに、それが異国の言葉のようにしか受け取れないのであります。聖書に書かれていること、説教で語られる御言葉が、異国の言葉のように理解できず、心に届かないようなことになってしまうことがあるのです。そのようにならないように、私たちは絶えず祈りつつ、御言葉に親しまなければなりません。

結.疲れた者に安息

12節では、元々の神様の約束の言葉が何だったかを思い出させようとしています。主が彼らに言っておかれたことはこうだ。「これこそが安息である。疲れた者に安息を与えよ。これこそ憩いの場だ」と。しかし、彼らは聞こうとはしなかった。――カナンの地は、元々神様がイスラエルの民に安息の地として与えることを約束された場所であります。どのような強力な国が攻め込んで来ても、神に信頼しているならば、神の安息が与えられるはずの土地でありました。かつてソロモン王は、エルサレム神殿が完成したときに、こう祈っております。「約束なさったとおり、その民イスラエルに安住の地を与えてくださった主はたたえられますように。その僕モーセによって告げられた主の恵みの御言葉は、一つとしてむなしいものはなかった。」(列王記上8:56)しかし、ユダの祭司や預言者までが、その約束を信じられなくなってしまっているのであります。イザヤはその約束をもう一度思い出させようとしております。しかし、不信仰なユダは、この約束が信じられないのであります。彼らはその後どうなるのでしょうか。

・最後の13節には、主の言葉を聞こうとしなかったユダの祭司・預言者たちにとって、主の言葉がどうなるかが、もう一度10節の意味不明の言葉を繰り返すことによって語られています。これは、主の言葉が異国の言葉のようにしか聞こえなくなるということであります。その結果どうなるか。最後に述べられているように、彼らは歩むとき、つまずいて倒れ、打ち砕かれ、罠にかかって、捕らえられる、のであります。これは、バビロン捕囚のことを預言していると受け取ってよいでしょう。

・しかし、私たちは、主の約束は決して反古にされず、最終的には、イエス・キリストによって成就されたことを知っております。先程朗読しました、新約聖書の主イエスの言葉をもう一度聴きましょう。「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。」(マタイ11:28,29)神が約束された安息の地、憩いの場は、最終的には主イエスのところにあります。この主イエスの言葉を異国の言葉のように聞き逃さず、この言葉を信じて、主イエスのところに留まり、礼拝において聴き続ける者に、永遠の安息が与えられるのであります。
・祈りましょう。

祈  り
 ・イエス・キリストの父なる神様!

今日も確かな御言葉をもって臨んで下さいましたことを感謝いたします。

思い上がって自らを誇り、あなたの言葉を聞き逃しがちな者でございます。様々な不安が迫る中で、主の御言葉が異国の言葉に聞こえ、他の言葉を求める愚かを繰り返す者でございます。

・どうか、主の御言葉のもとにこそ、真の安息があることを覚えさせて下さい。どうか、主ご自身が、私たちの「麗しい冠」、「輝く花輪」となって下さいますように。
・主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

米子伝道所主日礼拝説教<全原稿>    2009年7月26日  山本 清牧師 

 聖  書:イザヤ書28:1−13
 説教題:「麗しい輝き」
          説教リストに戻る