イエスは彼を見つめ、慈しんで言われた。「あなたに欠けているものが一つある。行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」              (マルコによる福音書1021

 ある人がイエスに走り寄って、ひざまずいた。その態度から、真剣でひたむきな気持ちを読み取ることができる。彼は「善い先生、永遠の命を受け継ぐには、何をすればよいでしょうか」と尋ねた。「永遠の命」とは、自然的生命が続くことではなく、単なる生き甲斐のある人生でもなく、神との関係において御心にかなった生き方のことである。
 だが、イエスは一見冷ややかに「なぜ、わたしを『善い』というのか。神おひとりのほかに、善い者は誰もいない」と言われた。この人は「善い先生」から善い行いについて教えてもらって、それを実行すれば善い人間になれて、神から御褒美として「永遠の命」が貰えると考えていたからである。この人は立派な心掛けを持っているが、イエスはそこに危惧を抱かれたのだ。そしてイエスは、十戒の掟を持ち出される。この人は、不服そうに、「そういうことはみな、子供の時から守ってきました」と言って、胸を張る。彼は自分を誇るが、神の御心には従えていないことに気づいていない。そこでイエスは、深い愛をもって標記のように言われた。彼に欠けているのは、持ち物に縛られて、主に委ねることが出来なかったことだ。
 私たちも、財産や、地位・名誉や、家族など、これまでに確保したものや、この世の絆に縛られている。この人はイエスの言葉に気を落とし、悲しみながら立ち去った。私たちもイエスの前からすごすごと立ち去るしかないのか。だが、主イエスは言われた。「人間にできることではないが、神にはできる」と。神の御心に素直に従えない私たちを、主は見捨てずに、慈しんで下さって、私たちに代わって、自らの命を捨てて下さった。主イエスは、私たちに欠けている物を御自身で満たして下さるのだ。この主の愛の目が注がれていることを知るなら、このお方に従って行く者とされる時が来るだろう。 

 米子伝道所伝道礼拝説教<要旨>      2008年10月26日  山本 清牧師 

 聖  書:マルコによる福音書10:17−27
 説教題:「あなたに欠けているもの」
         説教リストに戻る