主日礼拝       毎週日曜日 午前10:30〜11:40

   
                  ・ 神の招きに応えて御前に出て、聖書を通して神の御言葉を聴き、讃美を献げ、
                       祈りをして、神にすべてを委ねて、一週間の歩みを始めます。

                     ・ 定刻の10分前に到着し、受付で署名のうえ、席について、心を静めて礼拝の
                       開始を待ちます。前から詰めてご着席ください。
                                                     
                     ・ 初めての方は、受付でその旨、申し出てください。連絡先などをお尋ねすること 
                       がありますが、よろしければ、お答えください。聖書・讃美歌をお持ちでない方は
                       お申し出ください。備え付けのものをお貸しいたします。

                     ・ 受付で献金の封筒をお渡しいたします。献金は神の恵みに対する感謝と献身の
                       しるしとして献げるもので、教会の宣教の働きのために用いられます。
                       献金は、封筒に入れて、廻される袋に入れて、お献げください。
                       ご用意のない方は、封筒だけ入れてください。

                     ・ 礼拝は「週報」に記されている礼拝順序に従って行われます。
                       起立・着席はその都度、司会者が申し上げます。お身体の状態によって、起立
                       が困難な方は、着席のままで結構です。

                     ・ 礼拝中は私語を慎んでください。礼拝者同士の相談や挨拶は、礼拝後にお願い
                       いたします。携帯電話は電源を切るか、マナーモードにしてください。

                     ・ 礼拝の中で、聖餐式が行われることがあります。これはイエス・キリストが十字架
                       につき、罪人の贖罪を成し就げてくださったことをあらわす礼典であります。
                       これは、信仰をもって守るべきものですので、まだ信仰告白をしていない方は、
                       パンとぶどう酒をお受け取りにならないように、お願いします。
                                                             

                                                                  

                       聖書研究会        毎月第1水曜日 午前10:30〜12:00、 
                       
英語聖書研究会    毎月第1水曜日 午後 8:00〜 9:30

                     ・ 聖書はキリスト教信仰の唯一の拠り所です。聖書は神の言
(ことば)です。

                     ・ 礼拝においても聖書を学びますが、聖書の真理を正しく、より深く学ぶために、
                       研鑚と語り合いの時を設けています。

                     ・ 牧師が、聖書の中の一つの段落について、その位置づけ、構成、語句の釈義、
                       筆者のメッセージなどを説明し、それを材料に、思いめぐらし、語り合います。
                                                                
 
                     ・ 現在は、新約聖書の「コリントの信徒への手紙」を順に学んでいます。

                     ・ 「英語聖書研究会」では、同じ箇所を英語の訳(NKJVを中心に、NRSV、NIVも
                       参照)で読んでいます。必要に応じてギリシャ語原典との対比も説明します。

 集会の案内
 
 主日礼拝日曜学校ログ礼拝
 聖書と祈り聖書研究会読 書 会

 
墨彩画教室陶芸教室 

  ホーム 教会の紹介 活動の状況 交通の案内 キリスト教 説   教 リンク集

                       墨彩画教室       

                     ・ 10年間行われましたが、2010年の作品展をもって、閉じました。

                       
          





                       陶芸教室         

                     ・ 大山の釜が使えなくなったので、2011年8月をもって、休止いたしました。
                     ・ 作品展も2010年の作品展をもって休止となりました。

                       読 書 会         毎月第3水曜日 午後 1:30〜 3:00

                     ・ 聖書の理解の助けになる本、信仰の養いになる本、キリスト者としての実生活に役
                       立つ本などを選んで、一緒に読んでいます。

                     ・ 書物を輪読したあと、感想や意見を述べ合う語り合いの時を持ちます。

                     ・ 最近読んだ本は次の通りです。
                          大島 力著「預言者の信仰」(日本基督教団出版局)
                          村上 伸著「あなたはどう生きるか」(新教出版社) 

                          小池創造著「暁に翼をひろげ」(新教出版社)

                          加藤常昭著「主イエスの譬え話」(教文館)
                          芳賀 力著「大いなる物語の始まり」(教文館)
                          黒田禎一郎著「主の祈り」一粒社
                     ・現在、関川泰寛著「ここが知りたいキリスト教」(教文館)を読んでいます。
                          

                          

                       聖書と祈り 毎月第2、第4水曜日 午前10:30〜12:00、午後7:30〜9:00

                     ・ 旧約聖書を1章ずつ学びつつ自由な話し合いを行い、その後、皆で祈ります。

                     ・ 祈りは神との語り合いです。罪深いわたしたちは、神様と語り合うことなど出来ない
                       者でありましたが、主イエス・キリストの執り成しによって、祈ることができるように
                       されました。祈りはキリスト者に与えられた特権であり、生きる原動力です。

                     ・ 祈ることによって、わたしたちの思いや願いごとを神様に申し上げることが出来ます
                       が、もっと大きな恵みは、神様の御心を伺うことができることです。 

                     ・ 祈りは日々事あるごとに独りで、または家族や友人と共になされるとともに、神の
                       共同体としての教会の交わりの中でなされることが大切です。主イエスは「わたし
                       の家は、祈り家と呼ばれるべきである」(マタイ21:13)と言われました。

                     ・ まだ人前では祈れないと思われる方も、とにかく祈りの群れに加わってください。
                       「アーメン」と唱和するだけでも構いません。一言だけの祈りでも構いません。

                     ・ 聖書と讃美歌を用いますが、教会に備え付けのものもあります。
                       来られた方は、受付で署名の上、渡り廊下を通って、集会室においでください。 
 

                       日曜学校        毎週日曜日 午前9:00〜10:00

                     ・ 幼い時から神様を知り、神様の愛によって生かされるとき、人間は本当の意味で
                       豊かな人生を歩むことができます。

                     ・ 教会の日曜学校では、一般の学校教育によっては得られない聖書の教えを、わか
                       りやすく教えて、まことの神様に従って神と人とに愛される子供を育てます。

                     ・ 毎週日曜日、あさ9時から9時半まで、子供の礼拝を行ないます。
                       この礼拝には、幼児から小学生、中学生までが参加できます。
                       礼拝では、聖書によって神様の語りかけを聞き、讃美と祈りを献げます。 

                     ・ 礼拝のときは聖書を用います。はじめて礼拝に来た子供には、小型の新約聖書を
                       プレゼントします。

                     ・ 礼拝の中で、献金を献げます。これは神様の恵みに対する感謝のしるしです。
                       子供のお小遣いの中から、受付で渡す封筒に入れて献げてください。

                     ・ 礼拝のあと、小学生以下は、ゲームをしたりして、楽しい時を持ちます。
                       中学生は別室で、聖書の言葉を英語で学びます。

                        ・ 日曜日の礼拝のほかに、日曜学校では、「こどもクリスマス会」や「こども夕涼み会」
                        などの行事を行います。