妊婦さんのはり灸

妊婦さんは、使えるお薬が限られています。体調が悪くても胎児に影響が出るため、我慢されている方も多いかと思います。
「はり灸」はそういった胎児に影響する副作用はありません。
むしろ、体調を整えていくことで胎児はすくすく育ち、お母さんも元気なマタニティーライフがおくれます。

妊婦さんが体調の変化で困ること

当院に治療にいらした患者さまの症例をいくつかあげますと、
つわり、めまい、足のむくみ、流産癖、じんましん、風邪、腰痛などです。
また出産後にはお乳が出ない(出づらい)、腱鞘炎、産後疲れ、ストレス、体重が戻らない、脱毛などです。
「はり灸」は身体全体を調整し元気にしていきますので、これからお産という大仕事をされる妊婦さん、赤ちゃんのお世話で自分の体調はそっちのけのお母さんには、ぜひお試しいただきたいと思います。

逆子の「お灸」と安産の「お灸」

「お灸」は副作用もなく妊婦さんでも安心して受けていただけます。

逆子の「お灸」は「はり」と併用して治療をおこないます。「はり」は刺さない子供用の「はり」を使いますので初めての方でも安心です。ご自宅でも「お灸」を続けていただけるよう丁寧にわかりやすくご説明いたします。その場でぐるんと赤ちゃんがまわることもありますしいつのまにか頭位に戻っていて検診で驚かれる方もいらっしゃいます。
当院は、妊婦さんの治療実績が多くありますし、助産院さんやお医者様からのご紹介でいらっしゃる方が多いです。自然分娩を希望される方は、ぜひお試しください。

安産の「お灸」は骨盤内の血流を良くし、お腹全体を柔らかくすることで赤ちゃんの居心地を良くします。赤ちゃんの健康のためと分娩時するりと出てきてくれるよう安産の「お灸」をおすすめします。「お灸」は妊娠初期からできますが、不安な方は五か月を過ぎたころから始めていただけるといいと思います。当院では、ご自宅で「お灸」ができるようにその方にあった「ツボ」の位置や「お灸」のやり方をご説明いたします。