横山フラワーセンター

お花のお手入れ方法

花束

 ます最初に、セロファンやラッピング・包装紙をはすして下さい。
 水中で茎の根元を斜めに切って下さい。花瓶などに入れるときは、水に浸かる部分の葉は取り除いて下さい。
 意外と水がよごれますので、毎日水を取り替えて下さい。延命剤を使うと、水替えの回数を少なくできます。
 咲き終わった花はこまめに摘んで下さい。
また元気がなくなってきたら、思い切って短く切って低い器や)力ップなどに生け替えると、より長くあ楽しみいただけます。
 お花は、直射日光の当たる場所、暖房器具の近くやエアコンの風が直接当たる場所には置かないで下さい。

アレンジメント

 花束同様、直射日光の当たる場所、暖房器具の近くやエアコンの風が直接当たる場所には置かないで下さい。また、テレビの上は、テレビの熱で傷みやすく、さらに水がこぼれると故障の原因となりますので、絶対に置かないで下さい。
 水は吸い上げられて減りますので、毎日水を花器に直接足して下さい。

鉢物

 すぐに(当日又は翌日の午前中)水をたっぷりとあげて下さい。普段は、土の表面が乾いたら、水が花にかからないように注意して、土に直接、鉢底からしみでるまで、たっぷりとあげて下さい。
 鉢皿にたまった水は、根腐れの原因となりますので、こまめに捨てて下さい。
 植物の好み(日桁・通風など)にあわせた場所に置いて下さい。

花篭・スタンド花

 運搬のため、水の量は少な目になっていますので、まず水を足してあげて下さい。
 基本的にはフレンジメントと同様の取り扱いをして下さい。置き場所についても同じです。
 お花が終わりましたら、器を片づけに参りますので、ご一報下さい(ご注文主に限る)


閉じる