山口県宇部市 司法書士 遺言書 相続 遺産分割 成年後見 遺言書

遺言
遺言ってなに?
財産を所有した人が亡くなると、その財産は相続人に相続されます。
相続人とその相続分は民法で決められています。

第1順位 子供と、配偶者がいれば配偶者も
第2順位 (子供がいない場合) 両親と、配偶者がいれば配偶者も
第3順位 (子供も両親もいない場合)兄弟と、配偶者がいれば配偶者も

この順番どおりに相続させたくない場合、これら以外の人に相続させたい場合、相続分を変更したい場合は、遺言をしておく必要があります。

とくに次のような方は遺言を残しておかれることを強くおすすめします。
配偶者に財産を残したい場合など、特定の相続人に財産を相続させたいとき
お子様がいらっしゃらない方は、相続財産は配偶者と亡くなった方の兄弟が相続人となります。
再婚して、前妻のお子様と現在の奥様との子供がいる場合
どちらのお子様も同等の割合で相続人になりますので、その相続分を指定しておきたい場合など、法定相続分と異なる割合で相続させたい時。
企業経営者で、特定の子供、または第3者に会社の資産を渡したい場合など、特定の方に資産を残したい場合。
残された相続人同士で争いが起こりそうな場合。
遺言の種類
遺言には、自分で作成する「自筆証書遺言」と「秘密証書遺言」。公正証書で作成する「公正証書遺言」があります。

「自筆証書遺言」と「秘密証書遺言」は自分で作成できるという手軽さはありますが、記載事項を誤ると遺言全体が無効になる恐れがあること。遺言者の死亡後に家庭裁判所に「検認申立」という手続きする必要があります。
その際には、相続人全員に家庭裁判所に集まってもらうことになります。

「公正証書遺言」は、作成する際に公証役場へ出向くことの手間と、費用がかかることのデメリットがあります。
しかし次のメリットがあります。
公証人が作成するので、間違いがなく、遺言が無効になることがない。
遺言者死亡後に、「検認」の手続が不要であるため、相続人に負担をかけない。
原本が、公証役場に保管されるため紛失のおそれがない。
以上のメリットから、当事務所では公正証書遺言をおすすめしております。
公正証書遺言の作成手続きについて
当事務所では、簡単・スピーディーに公正証書遺言を作成できるよう、次の手順で行います。
1. 依頼者さまと面談して、相続させたい財産、その内容等についてお聞きします。
2. 当事務所にて、お聞きした内容を文書にして、公証人と打ち合わせをします。
3. 公証人と打ち合わせした内容を、依頼者さまにお伝えし内容をご確認いただきます。
4. 公証人と依頼者さまとの日程調整をして、公証役場に行く日程を決めます。
5. 決められた日時に依頼者さまとともに公証役場に行き、公証人と面会します。
6. 公証人が依頼者さまに、遺言の内容を確認します。
すでに遺言を作成してくれているので、約5分程度で遺言ができます。
〒755-0029
山口県宇部市新天町1丁目7-3 谷口ビル5F
電話: 0836-29-6464
copyright 2017 安光事務所 all rights reserved.