山口県宇部市 司法書士 遺言書 相続 遺産分割 成年後見

成年後見
成年後見とは?
成年後見について調べてもよく分からないという方からのご質問には、「ようするに、財産を管理してくれる人です」と、お答えしています。

成年後見制度は、大きく二つに分かれます。
・現在お元気な方に関係するのは「任意後見」です。
・程度の差こそあれ、判断能力が衰えておられる方に関連するのが「法定後見」です。
「法定後見」はその程度により、「後見」「保佐」「補助」に分類されます。
任意後見とは?
お元気な方が、将来病気等で判断能力が衰えたときに備えて、あらかじめ財産管理等をしてくれる人を決めておくことです。
例えば一人暮らしで子供もおらず、近くに頼れる身内もいない方の場合。
自分が認知症になった場合、家を売却して○○という老人施設に入る手続をして、その後の財産管理をしてもらいたい等という旨を、今のうちに契約しておくことができます。
法定後見とは?
現時点で、判断能力が衰えている方が対象です。財産を自分で管理できない。またはある程度は管理できるが不安であるという方について、裁判所の監督の下でその方の財産管理をしたり、手続等を代わって行ったりすることです。

例えば現在認知症の一人暮らしの方がおられる場合に何をするかというと、その方の財産を管理したり、その方に最も適した介護サービスの契約を行ったりします。
また、その方が単独で悪徳業者と契約を締結した場合、後から取り消すことができます。

その他の場合として、お子様に心身の障害があり、施設等に入所しているような場合に、親御さんが亡くなった後、お子様の財産管理等を行うということもあります。
まずはご相談を!
後見制度以外に社会福祉協議会で行っている「地域権利擁護福祉事業」というものもあり、ある程度の金銭の預かり等を行ってくれます。

まずはご相談いただき、本当に後見制度が必要なのか?その方の生活面のサポートをどのようにしていくのか?亡くなった後はどうするのか?など詳しい事情をお聞きした上で、現時点で何を行っておくべきかをアドバイスすることが可能です。

後見制度は複雑でわかりにくいものです。まずは、お気軽にご相談下さい。
〒755-0029
山口県宇部市新天町1丁目7-3 谷口ビル5F
電話: 0836-29-6464
copyright 2017 安光事務所 all rights reserved.