やっぴらんど楽しい世界史テーマ史『ダ・ヴィンチ・コード』を読み解く

 「最後の晩餐」の謎

レオナルド・ダ・ヴィンチの最高傑作と称されるのが「最後の晩餐」です。『ダ・ヴィンチ・コード』では、この誰もが一度は目にしたことのある名画に、レオナルドがいくつかの秘密を暗号化して示しているとしています。

「最後の晩餐」The Last Supperについては、こちらのサイトで、構図、画法、関連する資料など詳細な情報を手にすることができます。

この絵は、ミラノにあるサンタ・マリア・デレ・グラーツィエ教会の食堂の壁画として描かれたものです。1495年、当時レオナルドのパトロンだったミラノ公爵ルドヴィコ・スフォルツァの依頼を受けて制作に取りかかり、1498年2月に完成させています。絵の大きさは縦420cm横 910 cm 。人物はほぼ等身大で描かれています。

「最後の晩餐」とは、イエスが処刑される前日、十二使徒とともにとった夕食のことです。
「特にあなた方に言っておくが、あなた方の中のひとりで、私と一緒に食事をしている者が私を裏切ろうとしている」(マルコの福音書)。この絵は、イエスがこのように言った瞬間を切り取って描いたものです。

ローマ時代から、壁画や天井画には通常フレスコ画技法が用いられてきました。フレスコ画は、壁に漆喰を塗り、それが乾ききる前に顔料を載せるという技法です。そうして描かれた絵は完全に壁と一体化し、ほぼ永続的に保存されます。しかし、レオナルドはこの絵を描くにあたって、フレスコ画だと使える色が限られること、漆喰が渇かないうちに描かなければならないという時間的制約、重ね塗りや描き直しが不可能といったことを嫌い、あえてテンペラ画の技法を用いたのです。

ところが、これは大失敗でした。テンペラ画は、キャンバスや木板に顔料を油で定着させる方法で、温度や湿度の変化に弱く、そもそも壁画には向いていないのです。もちろんレオナルドもそんなことはわかっていて、渇いた漆喰の上に薄い膜を作り、その上に卵を混ぜた顔料を載せていったのですが、湿度の高い気候に加えて、食堂という湿気の高い場所も災いし、完成直後から顔料がはげ落ちる有様でした。

これまで何度も修復は行われてきていますが、満足のいくものではありませんでした。それどころか、一時この部屋が馬小屋として使われていたり、洪水で水浸しになったり、第二次世界大戦中の爆撃で建物が破壊されて3年間も野ざらしにされていたりと、現在まで残っていること自体が奇跡といっていいくらいのダメージを受け続けています。

1999年、20年以上にわたって行われた大修復が終了しました。この大修復作業では、主に洗浄が中心となり、表面に付着した汚れだけでなく、これまでの修復で加えられてしまった顔料が除去され、500年ぶりにレオナルドが描いたままの姿がよみがえりました。その結果、新たに明らかになったことがいくつかありました。たとえば、テーブルに並べられた料理が魚料理であること、イエスの口が心持ち開いていること、背景の黒い部分にはタペストリーが掛けられていることなどです。

また、イエスの顔の向かって左側のこめかみ付近に、「釘を打った穴」が見つかりました。これまでも言われていたことですが、この絵は「一点透視遠近法」で描かれています。つまり、天井、壁、床、テーブルなどの線を1点に集中させることによって奥行き感を演出しているのです。レオナルドは、釘に糸を結びつけて下絵の線を引いたのでしょう。

その奥行きのある空間に、イエスを中心として12人の使徒が3人ずつ4つのパートに配置されています。レオナルドの巧みな演出には驚嘆の念を禁じ得ません。12人の使徒たちはそれぞれに動きを持ち、驚きや嘆きの表情が見て取れます。なお、描かれている十二使徒の順番は、左から右に、バルトロマイ、小ヤコブ、アンデレ、ユダ、ペテロ、ヨハネ、(イエス)、トマス、大ヤコブ、ピリポ、マタイ、タダイ、シモンと言われています。

『ダ・ヴィンチ・コード』で示されている「秘密」というのは、イエスの向かって左側にいるヨハネが実は女性で、マグダラのマリアだということ、また、その左にいるユダの背中にナイフを持った手が見えるが、この手は12人の誰の手でもないという点です。 最後の晩餐

先述した大修復の結果よみがえった絵をもとに、NHKが作成したCGがあります。左の画像もこちらのこちらのサイトから拝借したものですが、これを見ると、「謎」が一気に解けるようです。

ヨハネだと言われている人物は、確かに女性のようにも見えます。レオナルドは「両性具有」を理想としていたとも言われますが(彼自身、男色の罪で2度逮捕されています)、女性的特徴をもった男性を描くことがありました。あの「モナリザ」だって、彼自身の自画像という説もあるくらい、中性的な顔立ちと言えます。また、この人物がテーブルの上で組んでいる手を見ると、その大きさや様態からすると、やはり男性の手という感じがします。

「ナイフを持った手」については、CGを見ると、明らかにペテロの右手であることがわかります(上の写真)。やや不自然な格好ではありますが、確かにペテロがナイフを持った手を腰に当てていますね。

また、『ダ・ヴィンチ・コード』ではさらに、ペテロの左手がヨハネ(マグダラのマリア?)の首を掻き切ろうとしていると解釈していますが、これもCGを見ると、人差し指がイエスに向けられており、あとの指は下に向けられているのが見て取れます。このポーズでは首を掻き切ることはできません。

「最後の晩餐」をめぐる謎は、結局「画像の不鮮明さ」がもたらした解釈によるものと言えるようです。

05/06/06