やっぴらんど楽しい世界史テーマ史『ダ・ヴィンチ・コード』を読み解く

 マグダラのマリア

イエスの生涯を描いた映画「キング・オブ・キングス」には、イエスが一人の女性を助ける場面が出てきます。人々がある女性を連れて来て、イエスに言います。「この女は姦通をしているときに捕まりました。こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。」 するとイエスはそれに答えて、「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まずこの女に石を投げなさい。」

このシーンは、もちろん、新約聖書の福音書の記述にある通りに描かれていますが、この女性が「マグダラのマリア」と呼ばれる女性です。「マグダラ」(Magdala)とはパレスチナ北部にある町で、彼女の生誕の地です。彼女は長いこと「娼婦」であると解釈されてきましたが、それが誤りであることをヴァチカンは1969年に認めています。

「ダ・ヴィンチ・コード」では、マグダラのマリアは、イエスの妻、もしくは親密な関係を持った女性であるとされています。『ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く』によれば、その論拠となっているのが、『レンヌ=ル=シャトーの謎:イエスの血脈と聖杯伝説』という本であり、この本では、マグダラのマリアはイエスの妻であり、イエスの処刑時には彼の子どもをみごもっていたと論じているのだそうです。

マグダラのマリアとイエスの関係については、前にも触れたように「最後の誘惑」という映画でも赤裸々に描かれ、カトリックの轟々たる非難を浴びたものですが、確かに新約聖書のどの福音書にも、二人の「男女の関係」を示すような記述は出てこないのです。彼女は、十二使徒とともにイエスに従って旅をし、イエスが十字架にかけられ処刑された時にも、その様子を見ていました。また、復活したイエスが最初に姿を現したのは、イエスの墓をのぞきに行った彼女の前であったとする福音書もあります。マグダラのマリアが聖書の中で登場するのはそう頻繁ではありませんが、いずれも重要な場面には必ず彼女の姿があるとみていいでしょう。

では、新約聖書に載らなかった他の福音書ではどうでしょうか。たとえば、グノーシス派(古代キリスト教の異端)の福音書では、マグダラのマリアは十二使徒よりもはるかにイエスに近く、その奥義を授かった女性とされています。またある福音書には、彼女を「妻」を連想させるような単語で記し、イエスがしばしば彼女とキスを交わしたことさえ書かれています(「ピリポ福音書」)。そのことにペトロをはじめとする十二使徒が不快感を感じたり、嫉妬を抱いていたという記述も見られます。これらの文書は、ローマカトリックが正式には認めていないものですから、当然、二人のそんな親密な関係も認めるはずがないのですね。なお、「ダ・ヴィンチ・コード」では、当時のユダヤ人社会の習いとして、20代のイエスが結婚していなかったことは考えられないといった指摘も見られます。

さて、イエスの死後、マグダラのマリアがどんな人生を歩んだかについては誰しも興味を覚えるところです。カトリックでは、母マリアとともに小アジアのエフェソスに移り住み、そこで死んだことになっています。

一方、「ダ・ヴィンチ・コード」では、ティービングのセリフとして、「シオン修道会によれば(中略)そのころガリアと呼ばれていたフランスへひそかに渡り、ユダヤ人社会にかくまわれた。そしてまさにここフランスで、ひとりの娘を出産した。名前はサラだ」と言わせています。さらに、ユダヤ人がイエスとマグダラのマリアに始まる「イエス・キリストの家系図」を残していると…。

シオン修道会というのは、マグダラのマリアの墓と、その血縁に連なる者(つまりイエスの子孫)を守るために作られた修道会です。その創設者ゴドブロワ(1061?-1100)は、第1回十字軍の指揮をとり、テンプル騎士団にソロモン神殿の廃墟から秘密文書を発掘するように命じた男です。ゴドフロワは、フランク王国を建国したメロヴィング朝の末裔であるとされ、「サラ」の血縁はそのメロヴィング朝に連なるというのです。次回はそのメロヴィング朝について触れます。

05/06/06