やっぴらんど楽しい世界史テーマ史宇宙開発の歴史

 米ソ有人宇宙飛行計画年表

1950年代後半から80年代にかけての米ソの宇宙開発計画史を、有人宇宙飛行を中心として年表にまとめてみました。

アメリカ合衆国

月/日

月/日

USSRソビエト連邦

海軍バンガードロケット打ち上げ 失敗

12/06

1957

10/04 スプートニク1号/世界初の人工衛星
    11/03 スプートニク2号/「ライカ犬」が乗る
エクスプローラー1号/U.S.A.最初の人工衛星 フォン・ブラウンら陸軍チームによる

01/31

1958 05/ スプートニク3号打ち上げ

NASA(アメリカ航空宇宙局)設立
2週間後、マーキュリー計画開始

10/01    
    1959    
    1960 08/ スプートニク5号/犬2頭乗せ無事回収

マーキュリー2号打ち上げ チンパンジー(ハムくん)乗船

01/ 1961 04/12 ヴォストーク1号/ユーリ・ガガーリンが世界初の有人宇宙飛行に成功 2時間弱の飛行で地球を一周する
マーキュリー3号<フリーダム7>/アラン・シェパードがU.S.A.初の有人宇宙飛行に成功。飛行時間15分28秒。 05/05    
ケネディ大統領の演説「この10年期の末までに、人間を月に着陸させ、無事に地球に帰還させるべきだと信じる」 05/25    
マーキュリー4号<リバティベル7>/ガス・グリソム、アメリカで2番目の「弾道飛行」に成功。飛行時間15分37秒。 07/21 08/06 ヴォストーク2号/ゲルマン・チトフ、ほぼ丸1日地球を回り続ける
マーキュリー5号<フレンドシップ7>/ジョン・グレン、地球を3周。飛行時間4時間56分。 02/20 1962    
マーキュリー7号<オーロラ7>/スコット・カーペンター、地球を3周、飛行時間4時間56分。 05/24    
マーキュリー8号<シグマ7>/ウォルター・シラー、地球を6周。飛行時間9時間13分。 10/03 11/ ヴォストーク3号、4号/2機は最短で5キロの距離まで接近する編隊飛行
マーキュリー9号<フェイス7>/ゴードン・クーパー、地球を22周、飛行時間34時間20分。 05/16 1963 06/14 ヴォストーク5号/地球を82周、宇宙滞在時間119時間
    06/16 ヴォストーク6号/ワレンチナ・テレシコワ、世界初の女性宇宙飛行士となる
    1964 10/12 ヴォスホート1号/史上初の3人乗り宇宙船。地球を16周、飛行時間24時間17分。
ジェミニ3号/ジェミニ計画初の有人宇宙飛行。地球周回軌道を3周。飛行時間4時間53分。 バージル・グリソム、ジョン・ヤング 03/23 1965 03/18 ヴォスホート2号/レオーノフ、史上初の船外活動(約10分間)。
ジェミニ4号/ジェームズ・マクディビット、エドワード・ホワイト。アメリカ初の船外活動。 06/03    
ジェミニ5号/ゴードン・クーパー、チャールズ・コンラッド 。 08/21    
ジェミニ7号/フランク・ボーマン、ジム・ラベル。地球を206周、飛行時間330時間35分。 12/04    
ジェミニ6-A号/ウォルター・シラー、トマス・スタフォード。ジェミニ6-A号と7号が最短30cmまで近づいて史上初のランデブーに成功 12/15    
ジェミニ8号/ニール・アームストロング、デイビッド・スコット。無人の衛星アジェナ8号と史上初のドッキングに成功。 03/16 1966    
ジェミニ9-A号/トマス・スタフォード、ユージン・サーナン 06/03    
ジェミニ10号/ジョン・ヤング、マイケル・コリンズ 07/18    
ジェミニ11号/チャールズ・コンラッド、リチャード・ゴードン 09/12    
ジェミニ12号/ジム・ラベル、バズ・オルドリン 11/11    
アポロ1号/発射台のアポロ宇宙船に火災が起こり、3人の宇宙飛行士(バージル・グリソム、エドワード・ホワイト、ロジャー・チャフィー)が死亡。 01/27 1967 04/23 ソユーズ1号/ウラジミール・コマロフ、帰還時に事故で死亡。
アポロ7号/ アポロ計画初の有人宇宙飛行。船長ウォルター・シラー、ドン・エイゼル、ウォルター・カニンガム。飛行時間260時間8分。地球を回る軌道でアポロ宇宙船のテストを行う。シラーは、マーキュリー計画、ジェミニ計画、アポロ計画の3つの宇宙計画すべてで宇宙飛行を経験した唯一の宇宙飛行士。 10/11 1968 10/26 ソユーズ3号/無人の2号とランデブー。
アポロ8号/船長フランク・ボーマン、ジム・ラベル、ウィリアム・アンダース。人類史上初の有人月周回(10回)を達成。つまり、初めて月の裏側を見たということ。 12/21    
アポロ9号/船長ジェームズ・マクディビッド、デビッド・スコット、ラッセル・シュワイガート。地球軌道上で月着陸船のテストを行う。 03/03 1969 01/14 ソユーズ4号/5号とドッキングして飛行士の移乗に成功。
アポロ10号/船長トーマス・スタフォード、ジョン・ヤング、ユージン・サーナン。月着陸船で月面から約15kmまで接近。 05/18 01/15 ソユーズ5号/4号とドッキング。フルノフとエリセーエフが船外活動をして4号に乗り移る。
アポロ11号/船長ニール・アームストロング、マイケル・コリンズ、バズ・オルドリン。史上初の月着陸。21kgの月の石を持ち帰る。 07/16 10/11 ソユーズ6号/7号(10/12打ち上げ),8号(10/13打ち上げ)と何回も3船ランデブー。
アポロ12号/船長チャールズ・コンラッド、リチャード・ゴードン、アラン・ビーン。2度目の月着陸。 11/14  
アポロ13号/ 船長ジム・ラベル、ジョン・スワイガート、フレッド・ヘイズ。機械船の酸素タンクの爆発事故により月着陸を中止、奇跡的に地球に帰還。 04/11 1970 06/01 ソユーズ9号/史上初の有人夜間打上げ
アポロ14号/船長アラン・シェパード、スチュアート・ルーサ、エドガー・ミッチェル。アラン・シェパードは、マーキュリー計画でアメリカ人初の宇宙飛行をした人。 01/31 1971 04/19 サリュート1号/最初の宇宙ステーション
アポロ15号/船長デビッド・スコット、アルフレッド・ウォードン、ジェームズ・アーウィン。初めて月面移動車使用。 07/26 04/23 ソユーズ10号/宇宙ステーション・サリュート1号とドッキングしたが、飛行士の移乗は行わず。
    06/06 ソユーズ11号/宇宙ステーション・サリュート1号とドッキングして、3飛行士はサリュートへ移乗した。24日間にわたり宇宙に滞在したが、帰還の途中、事故で飛行士は死亡。
アポロ16号/ 船長ジョン・ヤング、トーマス・マッティングリー、チャールズ・デューク。ジョン・ヤングは10号に続いてのアポロ搭乗。 04/16 1972    
アポロ17号/船長ユージン・サーナン、ロナルド・エヴァンス、ハリソン・シュミット。最後の月着陸。 12/07      
スカイラブ計画/U.S.A.最初の宇宙ステーション。3回にわたり、計171日の滞在。 1973 04/03 サリュート2号
    1974 06 サリュート3号/ソユーズ14号の宇宙飛行士が14日間滞在。
    12 サリュート4号/ソユーズ17号(1975/01打ち上げ),18号(1975/05)のそれぞれ2人の宇宙飛行士が滞在。
アポロ−ソユーズ計画/アポロ宇宙船とソユーズ宇宙船のドッキングと宇宙飛行士の相互移乗。 07 1975 07 アポロ−ソユーズ計画/アポロ宇宙船とソユーズ宇宙船のドッキングと宇宙飛行士の相互移乗。
    1976 06 サリュート5号/
1977 09 サリュート6号/ドッキングポートを2つ備える。1982/07までにソユーズ16機がドッキング、9カ国33人の宇宙飛行士が滞在。
スペースシャトル計画/スペースシャトル・コロンビアの初飛行。 04/12 1981
1982 04 サリュート7号
1986 02 ミール/本格的な宇宙ステーション。基幹モジュールの打ち上げ。サリュート7号とドッキング。その後1996年までに各モジュールが順次追加。

04/05/05