やっぴらんど≫シルクロード・ウォーク415kmの記録─もくじ─

シルクロード・ウォーク415kmの記録


1985年8月。
青森県八戸市のウォーキンググループ“MTC21”のメンバー 37人は、シルクロード酒泉─敦煌415kmを10日間かけて歩きました。
熱砂と乾きにさいなまれた過酷なウォークの模様です。

■日程の概要

区間 距離/累計距離 最高気温/湿度
第1日 酒泉〜嘉峪関 25.8km/ 25.8km 34℃/20%
第2日 嘉峪関〜清泉郷 52.8km/ 78.6km 34℃/17%
第3日 清泉郷〜赤金橋 29.0km/107.6km 36℃/18%
第4日 赤金橋〜玉門鎮 43.2km/150.8km 35℃/15%
第5日 玉門鎮〜橋湾城 53.1km/203.9km 32℃/35%
第6日 橋湾城〜双塔人民農場 46.8km/250.7km 42℃/15%
第7日 双塔人民農場〜安西 43.8km/294.5km 42℃/15%
第8日 安西〜将軍台 39.6km/334.1km 40℃/15%
第9日 将軍台〜道板房 46.7km/380.8km 42℃/12%
第10日 道板房〜莫高窟 34.0km/414.8km 40℃/16%

■団員

日本側 行動班(歩く人)24名+支援班(医師・コック他)13名=37名
中国側 コック4名・医師1名+運転手3名+通訳2名=10名      計47名

■団の装備

車両関係 マイクロバス2台、バン1台、トラック1台、自転車2台

食料品 インスタントラーメン100個、サバ缶40個、ワカメ30袋、すきこんぶ20袋、干し大根20袋、するめ等乾物、ナメコ缶10個、醤油5g、酢3g、砂糖3s、塩3s、ほんだし、その他

団装 テント8張、トイレテント2張、シート3枚、ポリタンク(10g用)10個、携帯用ポリタンク(1g用)4個、ヘッドランプ8個、ラジカセ・ビデオカメラ各1式、軍手、マッチ、工具、ホイッスル、電池、ナイフ、その他

医薬品 ブドウ糖(点滴用)40本、下痢止め、かぜ薬、湿布薬、カットバン、整腸剤、頭痛薬、便秘薬、足のマメ薬、その他

■ウォークの方法

[支援班]

行動班(ウォーカー)は、支援班なくしては歩けない。支援班は、マイクロバスを駆り、行動班の先回りをして、事前に休憩ポイントや宿泊先、食事等の手配をしてくれる。行動班は、支援班の指示に従ってひたすら歩く。

休憩は、約10qごとに15分のサイクルがとられた。これは、国内のウォークでもだいたい同じだが、今回は、暑さと乾き対策として、5qごとに給水が行われた。給水といっても、もちろん、ナマ水ではなく、沸かしたお茶をさましたものが供された。また、休憩ポイントでは、節水のため、主にスイカで乾きをいやした。スイカは、トラックいっぱい買い込んだ。

[宿泊]

宿泊は、オアシス(水のあるところ)でとったが、小さなオアシスでは、宿泊施設などあるはずもなく、小学校の校舎や農場の倉庫を借りた。後半になると、オアシスもなくなったため、古代の砦にテントを張って泊まった。 415q÷10日間で、平均的に1日40qちょっとを歩いたのか、というと、決してそうではなく、宿泊できる場所の都合で、短い日で29q、長い日は53qと、日によって差があった。

[道路]

歩いた道は、酒泉〜敦煌の幹線道路で、簡易舗装もされている。ゴビタンを東西に貫き、ほぼ直線の道路がえんえんと続く。道幅は、だいたい4〜5m。トラックやバスが時折、猛スピードで歩く脇を通り過ぎ、けっこうこわい。また、地表付近の温度は、50℃近くにまで上がるので、舗装のタールが溶けて、靴の裏にびちゃびちゃくっつき、たいへん歩きにくいこともあった。