logo

バリ島・スケッチ紀行

 その−1 

寺田みのるグループの
スケッチ旅行に参加

 2009年4月12日から6日間、PTSトラベル主催・寺田みのる先生引率の「バリ島スケッチ紀行」に参加、熱帯のリゾート地バリをゆったりと楽しんできた。

barimap

旅の行程

  • 1日目 関西空港⇒バリ島ングラライ空港⇒ヌサドア・アユディアリゾートホテル(4連泊)
  • 2日目 アユディアリゾートホテル⇒デンバサール・バドゥン市場前スケッチ⇒アユディアリゾートホテルの中庭にて踊り子をスケッチ。
  • 3日目 ホテルからバスにて1時間半、ウブド地区で棚田をスケッチ⇒谷間のリゾートホテル・ロイヤルピタマハにて昼食後中庭をスケッチ⇒ウブド市街スケッチ
  • 4日目 午前中、タマンアユン寺院、午後海辺のタナロット寺院をスケッチ⇒帰る途中西海岸の漁村でスケッチ、近くの浜辺ですばらしい夕日を見ながら夕食。
  • 5日目 終日フリータイム。アユディアリゾートホテルの中庭と浜辺をスケッチ。  夕食後ングラライ空港⇒6日目関西空港(帰国)

 関空を11時に発ち6時間半、インドネシア・バリ島デンバサール・ングラライ空港に着く。予想以上の蒸し暑さだ。空港からバスで10数分のホテルへ。日本との時差が1時間あってまだ明るい。聞いてはいたが広々とした南国の豪華なリゾートホテル、ここでのんびりと4連泊できるとは有り難い。二日目から三日間、ホテルからバスでバリ島の南部の観光地を回ったが、外国人向けの豪華なリゾートホテルと庶民の生活レベルはあまりにも格差が大きく、違和感がある。それでも現地の人情は良さそうで、日本古来の、良き風習のようなものを感じさせるところもある。バリ島は赤道に近い熱帯のリゾート地として海外から大勢の観光客が訪れるが、こんな暑いところになぜ人が集まるのか?ここは、せかせかとスケッチをするような所ではなく、アベックで来てホテルでのんびりとくつろぐ南国のリゾート地だ、とつくづく感じた。