本文へスキップ

ワシミダンススクール

初めてのかたへ

informationお知らせ

社交ダンス初心者のページ



このページではまったく初めての方のために、社交ダンスの始め方を紹介します

社交ダンスを習うなら ワシミ ダンス スクール へ
元全日本チャンピオン 鷲見広与志・直子組が指導



 社交ダンスの基礎知識

一口に社交ダンスと言ってもいろいろな種類があります。
  @パーティーダンス
  Aインターナショナルスタイルの競技種目(スタンダード/ラテン)
初めての方のために、簡単に解説します。

@パーティーダンス

 ブルース、マンボ、ジルバなど、ダンスホールで踊られてきたダンス。
 数回のレッスンでも簡単なステップで楽しめるので、初心者の方には
 ダンスの楽しさを知ったり、ダンスの決まりを知るのに適しています。
 最近のダンスホールではAのスタイルで踊る方が多くなりました。

Aインターナショナル・スタイル(スタンダード/ラテン)

 英国で発達してきたダンスの正式種目です。世界共通の正統派の
 ダンスと言えるでしょう。

 スタンダード5種目 (ワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、
 クイックステップ、ヴェニーズワルツ)と

 ラテン5種目(ルンバ、チャチャチャ、サンバ、パソドブレ、ジャイブ)の
 10種類があります。

 全種目を制覇するには長い時間がかかりますが、じっくり、ゆっくりと
 楽しみながら学んでゆきましょう。



スタンダード競技スタイル







ラテン競技スタイル



 社交ダンスを始めるのに必要なもの

ダンスを始めるには @ダンスシューズと A練習着 が必要です。
シューズだけは 「踊りやすさ」 「怪我の防止」 「マナー」として、
必ず専用のシューズを 「最初から(体験時を除く)」 ご用意ください。

@ダンスシューズ

 ★男女とも 「スタンダード用」 「ラテン用」 そして両方に使える
  「兼用」があります。初めての方には 「スタンダード」 または 「兼用」
  を使用する方が多いようです
 ★教室でも注文できますのでご相談ください
 
A練習着
  専用ウェアでなくても踊れますが、ダンスは紳士淑女のスポーツ。
  清潔で動きやすく、お洒落に見えるものを選びましょう。

 ★男性
   上は動きやすいワイシャツやポロシャツなど、
   下は動きやすいスラックスやズボンなど。
   汗をかきますので、少なくともシャツは着替えをお持ちください。
   専用のレッスン着も販売されていますが、始めはお手持ちのもので
   十分です。
 
 ★女性
   上はTシャツ、ブラウス、カットソーなど、
   下は足さばききの良いスカート、またはパンツ。
   ブラウスなどは、手を上げたときにお腹の出てしまわない丈。
   スカートは足を広げやすい(裏地も含めて)もの。
   タイトなスカートや、きついジーンズでは踊れません。
   髪の長い方は、アップにしたり結んだりした方がよいでしょう。



スタンダード練習風景




ラテン練習風景



 社交ダンスのマナー

社交ダンスはパートナー有ってのもの。社交というだけに、周囲の人との
気持ちよい関係のために、マナーを大切にしましょう。

@服装はお洒落に、清潔に
  汗をこまめに拭いたり、着替えを持参したり。
  清潔感を感じさせることが一番のお洒落です。

ALOD(エル・オー・ディー/進行方向のルール)に従って踊る
  社交ダンスは時計と反対まわりに移動するというルールがあります。
  無理な追い越しや接触を避け、周囲や相手を思いやりましょう。

Bリードとフォローの関係を覚える
  社交ダンスは男性がリードし、女性がそれに合わせて一体感を持って
  踊ります。
  男性は的確なリードを、女性は正しいフォローを学びましょう。
C礼に始まり礼に終わる。
相手を思いやる気持ちの表れが表現できます。
軽い会釈でも、ひとことお願いしますと伝えるとよいでしょう。