排他的論理積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

排他的論理積(はいたてきろんりせき)、または、XAND(エクサンド)とは、2つの命題が共にまたはのときにいずれも偽となる論理演算である [1]

表記法[編集]

演算子は、XAND、xand、⦿ と書くことが多く、論理回路などでは、 ⦿ を使用して A ⦿ B のように書くことが多い。

真理値表[編集]

命題 P 命題 Q P ⦿ Q

性質[編集]

排他的論理積は、排他的論理和論理積を用いて表すことができる。

 ⦿ 

XOR との比較[編集]

 ⦿ 

解説[編集]

AND のケースから、 PQ を除外(exclude)すると、常に偽である [2]。 なお、XNOR と同義(Synonyms)と解説することもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ XAND_gate?-Physics_Forums-The_Fusion_of_Science_and_Community 2015年9月25日 Physics_Forums
  2. ^ Why-dont-we-have-any-logic-gate-named-XAND-and-XNAND Quora 2018年1月12日閲覧 "So what would XAND mean? What does it mean to exclude a case from AND? There is only one case where AND is true, so if you exclude a case from AND, you are left with F, which already exists."

外部リンク[編集]