団塊世代のセカンドライフ

Web Masterへの道のり

トップページ
ホームページ作成
ホームページ作成ツール
作成ツール(2)
サーバーの選択
公開前のチェック
ユーザービリティ
Webのアクセシビリティ
Web技術力の向上
大切な編集力
継続的なコンテンツ創造
ウェブの運営・維持管理
ページのカラーコーディネイト
ウェブマスターの戦略、戦術と情報整理
大切な編集力
ウェブマスターとして最も大切な要素の一つとして文章作成力であり、書き上げた文章の見せ方というか 、受け手に簡潔に分かり易く伝える為の編集力が大事だと思います。プロの物書きではないので、伝える為の 表現力は豊かではありませんが、これは書くことにより段々と慣れてきます。

私自身も10年程前に初めてサイトを立ち上げた時、普段話している営業時の会話を文章にすればいいと単純に 当初は思っていましたが、キーボード前の指が中々前に進みませんでした。だらだらと焦点のない文章を書いていても 仕方がないので、一度全部書いたものを段落に分けて短く要約するような訓練をしました。
数箇所に分けた段落を統一する最適なタイトルを考え、一つのストーリーを作るような流れにしていきました。段落 の1ブロック一行40字まで、6〜7行ぐらいに区切って読みやすく略語の使用は避けて、専門用語を使う場合は脚注で 説明。

こうした情報の取捨選択と整理能力、文章能力、どういった物を扱うのかと云ったコンテンツ企画力が編集力 といえます。


ウェブで何ができるかを模索していた初期の時代と違って、現在ではいかにして伝えるかが、個人であれ、企業であれ 双方向の時代に求められています。特に企業サイトは取引の流れの中で、ユーザーの不安を解消させるような施策を いかに表現するか、伝えるかと云う「伝える技術」あるいは、ウェブ上でのコミュニケーション能力が求められる。 そういった視点で見ていると、今後ただ単に見栄えのいいだけのサイトや、自己満足だけで構築しているサイトは 存在感がなくなってくるのではないでしょうか。

今改めて思うのは、若い頃それなりに本を読んだつもりですが、こうしたライティングの仕事をしていて文章表現力 の基礎は何といっても読書量が影響してくるような気がしますが、そういえば最近殆ど本も読まなく今までの蓄積も 底が見えてきたなと思う今日この頃です。

Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.