団塊世代のセカンドライフ

Web Masterへの道のり

トップページ
ホームページ作成
ホームページ作成ツール
作成ツール(2)
サーバーの選択
公開前のチェック
ユーザービリティ
Webのアクセシビリティ
Web技術力の向上
大切な編集力
継続的なコンテンツ創造
ウェブの運営・維持管理
ページのカラーコーディネイト
ウェブマスターの戦略、戦術と情報整理
Webのアクセシビリティ
前章のユーザビリティは、ウェブコンテンツの分かりやすさ、使いやすさと云った事を説明しましたが、アクセシビリティ は提供されているウェブ情報を、ユーザーが使いこなせるかどうかという事です。年齢や身体的な制約、利用環境等に関係なく 誰でも、アクセスして利用できる事と定義できます。

W3Cは1999年5月5日に ウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン 1.0の勧告を出しています。一度読んでみてなるほどと思える 事が書かれていますが、アクセシビリティを実現するにはそれぞれの役割があると思われます。
制作する運営者はじめ、ソフト提供者や各ブラウザ、ユーザーのスキル等これらが一体となって実現するものです。 いくら優秀なウェブコンテンツを制作しても、全てのブラウザがそれに対応しているわけではなく、ユーザーが PCの使い方をマスターしてなければ意味がありません。

そう云った事を頭に入れながら、HTML文章を正確に書いていく 事がウェブマスターとしての初歩的な役目ではないかと思いますが、


かく云う私もHTMLは文書の構造であって、表示方法ではないと云うことは最近まで知りませんでした、 どうしてもテーブルタグでレイアウトを形作りますが、出来るだけCSSを使おうと思っていますが、柔軟性がなくなりま すので、必要に迫られて使っていますがWIDTH属性を多様するのをやめていこうと思っています。

なぜならば、幅が大きいと、狭いウィンドウや大きなフォントを使用している場合、水平方向のスクロールが必要になる からです。 ウェブ情報の提供者として制作者の環境基準だけで作るのではなく、他の環境も考慮する事でその結果として 「伝えたい」情報が、受け手に「伝わり」本来の目的が確保されるでしょう。

<PR>
ロリポップ!ならWordpress・MovableTypeの簡単インストール付!あなたも月々105円〜でブログデビューしちゃおう!!

Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.