団塊世代のセカンドライフ

Web Masterへの道のり

トップページ
ホームページ作成
ホームページ作成ツール
作成ツール(2)
サーバーの選択
公開前のチェック
ユーザービリティ
Webのアクセシビリティ
Web技術力の向上
大切な編集力
継続的なコンテンツ創造
ウェブの運営・維持管理
ページのカラーコーディネイト
ウェブマスターの戦略、戦術と情報整理
サーバーの選択
製作したウェブサイトを公開する為には、その置き場所が必要になりますが、大まかに分けて3つ位の スペースがあります。一番目はプロバイダーが提供する無料スペース。2番目は私も以前使ったことのある 無料のホームページスペース(FC2WebNINJA TOOLS等)。3番目はレンタルサーバーを 借りることです。

これは体験的にいえますが、本格的にサイト運営を行うのであれば、独自のドメインをとりサーバーを借りることを お薦めします。レンタルサーバー比較とか、ドメイン取得という言葉で検索をすると初期投資費用から、各サーバーの 特徴まで、説明しているサイトがありますので、自分の目的にあっつたものを選びましょう。いずれにしても 年間数千円から始められます。

私の場合はプロバイダーの無料スペースから始めましたので、いずれはレンタルサーバーを借りてと思っていましたが、 気がつけばかなりのコンテンツが蓄積してしまい、引越しに伴うリンク先やページ内リンクを修正する作業が大変だと 思い結局引越しせずに、そのまま継続しました。

最終的にはそのサイトを昨年売却したのですが、もしレンタルサーバーでしたら、購入企業も即継続してアドレスを 変えることなく利用できたのですが、プロバイダーの無料スペースではそうも行かずその為、幾分か価格も安くなりました。

又、無料のホームページスペースは、上記にあげた2社はアクセス解析等の無料ツールもあり、その代わりに ページに広告が入りますが、余り気になるような大きさではありませんが、どちらかというと比較的使い勝手 のいいスペースでした。

しかし無料という事はそれなりにリスクは付き物で、やはり自由度が少ない事や、サーバーがダウンしても無料なので 文句を言うことも、その間の保障も無く、サービスが終了する可能性も考えておかなくてはなりません。 そう云った意味からオリジナリティーをいかす為にも、サーバーをレンタルする方がベターといえます。
お役立ち情報

★月々263円からオンラインショップを運営!3つのブログ、オンラインショップ、ウェブメーラーがついてくる!!

BIGLOBEのおすすめ光ファイバー「BIGLOBE光 with フレッツ」 今なら入会した方全員に無線LANルータを無料で提供中。

フレッツ光キャンペーン中!

全てが揃った究極のレンタルサーバ、本格的なウェブページ作成月ワンコインでOK容量3GB
さくらのレンタルサーバ
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.