団塊世代のセカンドライフ

Web Masterへの道のり

トップページ
ホームページ作成
ホームページ作成ツール
作成ツール(2)
サーバーの選択
公開前のチェック
ユーザービリティ
Webのアクセシビリティ
Web技術力の向上
大切な編集力
継続的なコンテンツ創造
ウェブの運営・維持管理
ページのカラーコーディネイト
ウェブマスターの戦略、戦術と情報整理
継続的なコンテンツ創造
ウェブサイトを継続的に運営していくには、絶えず情報の更新をしていかねば、気の抜けたビールと同じく 飲んでみようかと言う気にはなりません。取り扱うテーマによってはニュースサイトのように、毎日の更新は必要 無いでしょうが、月一程度には更新していきたいものです。しかしこれが出来ずに挫折して、消滅 していくサイトが多いもの現実です。

PR <サイト運営を支援>
楽天市場の成功事例を無料でGET→GO!

古くなったデーターの数字を書き換えたりするのは、別に労力のいる事では有りませんが、問題は新たな コンテンツを創造するエレルギーが必要になります。ただ長く運営に関わっていると、初期の目的を一応は 実現してしまった後、継続していく動機付けを金銭的なものか、精神的なものか何かに求めないと、ただ単に 漠然と継続していく事は出来ないのも事実です。コンテンツを増やす一つの解決策としては、常に沢山の引 き出しに、アイディアをストックしているかだと思いますが、
思いついた時に書き留めておく習慣を付けていたので、溜まったクラップ帳を見直したりするのも そこから派生して新しいアイディアが浮かぶ時もあります。何事にも貪欲に様々な情報に感心を示している事も大切 な要素だと思います。

「保険サイト」をメインコンテンツにしていたので、金融業界の関連分野等もメニューに入れて、相互の 関連性を持たした記事作りをすることにより、より専門性を深めることでコンテンツが進化していきました。


ネタ出しに苦労するのは、運営者にとって宿命みたいなものですがそこは、ウェブ双方向の強みで、ユーザーとの やり取りで何らかのヒントが出てくるものです。 又、コンテンツに関連する雑誌などもよく研究し、似たようなテーマでも違う切り口で扱ったり、キワード検索 された言葉からイメージを作り出したり、普段から企画テーマに関してはそれなりに何時も注意を払っていました。

Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.