団塊世代のセカンドライフ

徒然なる電脳生活

トップページ
これから何をするか
快適な電脳ライフの薦め
仕事探しもまずはネットで
ネットサーフィンのお供に
└便利なメモ帳ソフト

ネットで学ぶ
ネットで趣味を楽しむ
ネットで趣味(携帯着メロ)
ウェブで動画を見る
情報流通の変化
Twitterを始めてみて
ウェブマスターをめざす
インターネットの活用術
仕事探しは、まずはネットで
リーマンブラザースの破綻以来、本当に厳しい求人状況が続きますが、とりわけ中高年、団塊世代の再就職 にとっては非常に厳しいものがあります。縁故以外に職探しの手段として一般的なのは、新聞広告やハローワーク ですが、中高年、シニアには清掃員、ガードマン位しかありませんが、それも少ないチャンスをものにするには 常に求人情報をチェックしておかないとだめでしょう。自宅でインターネットが出来る環境にある人は、それを 使わない手はないでしょう。ハローワークに 飛ぶようリンクをつけました。

2年程前に保険代理店を廃業し、約半年程ぶらぶら遊んでましたが、その間何かあればとネット上で常にチェックを していましたが、自分のキャリアを生かした仕事をしたいと思っていても、年齢を言っただけで、まずキャリア以前の話で 受け入れられないのを痛感しました。「年齢不問」と書いていても、募集するほうは30代、少なくとも40代前半と 言うのが現実です。職業に貴賎はないと思いつつ、示された仕事に割り切ろうと思いつつ、それも何時でも有る訳では なく、過去との落差を考えているうちに日が過ぎていく状態でした。
そんな中、とりあえず民間の人材派遣会社のネットサーフンで色々と情報を集め登録したりしましたが、とりわけその中でも 比較的中高年層に求人がある求人サイトを三つ程リンクを貼っておきます。
● はたらこねっと  ● リクナビ派遣 ● 求人情報「Q_JIN」 どのサイトもまず登録して、「こだわりで探す」欄のシニア歓迎とか
年齢不問にチェックを入れてマッチ度の高い仕事があれば、 メールで案内を受けるように設定をしておくと楽に情報を得る事が出来る。後は多少年齢がミスマッチと思っても、厚かましく ダメモトでエントリーして、派遣会社から連絡を待てばよい。

定年退職後、「高齢者雇用継続給付」を受けながら同じ会社で働ける人は恵まれていますが、しかし高度なスキルや専門知識 を持っているならば、ネットサーフィンしていて気がついたのですがシニアや、団塊世代のコミュニティーサイトの中には 高年齢層を専門にした求人を扱っているサイトが有ります。もちろんそんな市場価値の高い人ならば、ヘッドハンティングが かかるでしょうね。リンクを貼っておきますので参考に。
フリーランスのウェブ製作者に最適 ●クラウドソーシング ●マイスター60●なもなもキャリアサービス
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.