団塊世代のセカンドライフ

団塊世代の仕事と年金

トップページ
平均余命と年金
年金スタートはいつから
年金の裁定請求手続き
リタイア後の税、保険等
60歳以降の労働環境
60歳以降の働き方
人材登録の進め
リバースモゲージについて
生涯現役それとも
ネット起業に挑戦


高年齢雇用継続給付
60歳以降の労働環境
高年齢雇用継続給付は、60歳から65歳までの雇用の継続を援助、促進する制度で、支給される給付金は「高年齢雇用継続基本給付金」と 「高年齢再就職給付金」の二つになります。
いずれも雇用保険の被保険者期間が5年以上で、60歳時点の給料の75%未満に低下した場合に 支給されます。期間は65歳までですが、雇用保険の基本手当を受給し、支給残日数100日以上で200日未満で再就職したケースは1年間、200日 以上残した場合には2年、ただし再就職にあたり再就職手当を受給していないことが条件になります。(賃金の15%)

給与と年金、と高年齢雇用継続基本給付金を受けるケース


上記のイメージは社会保険庁の在職者老齢年金から作成したものですが、具体的な数字でシュミュレーション します。
60歳時の給与35万円、現在20万円、年金10万円
年金削減額 10万円 −(20万円+10万円-28万円)の50%=1万円年金支給額 9万円-(20万円X6%)=7.8万円 
年金と雇用継続給付の両方を受ける場合は給料の6%控除。
年金7.8万円+給与20万円+雇用継続給付3万円(20万円X15%)
合計額は30.8万円になります。

パートやアルバイトなど厚生年金加入に満たない労働時間や、自営業などで収入が多くても年金の制限は受けません。
 
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.