団塊世代のセカンドライフ

団塊世代の仕事と年金

トップページ
平均余命と年金
年金スタートはいつから
年金の裁定請求手続き
リタイア後の税、保険等
60歳以降の労働環境
60歳以降の働き方
人材登録の進め
リバースモゲージについて
生涯現役それとも
ネット起業に挑戦
団塊世代のファイナンシャルプラン
年金の裁定請求手続きとは
年金の受給資格が出来たからといって、自動的に支給が始まるわけでは有りません。サラリーマンの人は 在職中とかく何でも会社任せにしていましたが、自分で裁定請求をしなければなりません。

60歳から特別支給の老齢厚生年金の受給権が発生する方に対し、60歳に到達する3か月前になると、 「裁定請求書」が送られてきます。基礎年金番号・氏名・生年月日・性別・住所および年金の加入記録が あらかじめ印字されています。
必要な書類(裁定請求書・厚生年金保険被保険者証・戸籍抄本・住民票等、住民票コードを 記入することで住民票を省略することも可)を用意して社会保険庁に提出(最後に加入した制度が厚生年金制度で すでに退職している場合は、最寄の社会保険事務所でOKです。)

提出前に正当な権利を受けるため、加入記録に 間違えがあったり、過去に加入していたはずの


期間がそこに印刷されていなかったら、社会保険事務所で過去の記録を見つけだし、統合してもらわなければなりません。 自分の物は常に自分で守る、という意識が大切です。

裁定請求書の提出は60歳の誕生日が過ぎてからになりますが、手続き後約2ヶ月位で 「年金証書」と「年金裁定通知書」が送られてきます。年金証書は年金を受ける身分証のようなものなので、大切に 保管しましょう。年金裁定通知書は、年金の裁定が行われたことの通知で、年金の支払開始年月や年金額が記載されて います。年金支払いは前月、前々月と2ヶ月分。

Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.