団塊世代のセカンドライフ

団塊世代の仕事と年金

トップページ
平均余命と年金
年金スタートはいつから
年金の裁定請求手続き
リタイア後の税、保険等
60歳以降の労働環境
60歳以降の働き方
人材登録の進め
リバースモゲージについて
生涯現役それとも
ネット起業に挑戦


団塊世代のファイナンシャルプラン
年金のスタートはいつから
60歳〜65歳未満の間に支給される「特別支給の老齢厚生年金」は比例報酬部分、定額部分と加給年金から 構成されています。

女性はの支給開始年齢表はこちらから

比例報酬部分
被保険者期間の平均標準報酬と被保険者期間とで計算さる。
定額部分
40年間加入で、792,100円になります。(2009年度年金額)
加給年金と振り替え加算
加給年金(夫婦単位で考えたとき)
1)夫の厚生年金加入期間が20年以上(40歳以降15年以上) 2)配偶者が65歳未満で年収850万円以下
3)18歳未満(18歳の年度末まで)の子、1級・2級の障害のある20歳未満の子がいれば 定額部分の支給時に加算されるのが加給年金です。
昭和18年4月2日以降生(特別加算含め年額3960,000円)
配偶者が老齢基礎年金を受ける65才時には支給は打ち切られ、又65歳にならずとも、 老齢厚生年金の受給を受けた時点で加給年金が打ち切りとなります。その代わりに振替加算が 配偶者の老齢基礎年金に加算され、段々と年齢により逓減されていきますが昭和41年4月2日以降の生まれから なくなります。
 
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.