団塊世代のセカンドライフ

プランター菜園で手作り野菜に挑戦

トップページ
ミニ家庭菜園を作ろう
土を作る
プランター菜園
トマトの成長記録
トマトの青枯病
ナスビの成長記録
きゅうりの成長記録
自産自消できれば
キュウリやナスビの花が
プランター菜園で収穫
大きいキュウリが収穫
2010年パプリカの栽培
2012年じゃがいもの栽培
ゴーヤ茶を作りました
2013年、カブラの栽培

プランター菜園、カブラの栽培
2013年は、カブラの栽培を始めました。
プランター菜園も4年目になりましたが、比較的簡単に出来て初心者向けにお奨めと家庭菜園歴10年以上の知人が 薦めてくれたので、初めての経験ですが種まきから始めることにしました。今までウリ科の(キュウリ、トマト、ナス、 ジャガイモ、パブリカ、ゴーヤ等)苗からしか育てたことが無く、カブラは主根が肥大するタイプなので、移植できず直播き で育てるんだと言われました。 今までウリ科ばかりだったので連作障害が気になり土をシーズン毎に変えたりしていましたが、今度のカブラはアブラナ科 で種類も違うし、春秋と2度収穫できるメリットもあり育てることにしました。

カブラの収穫までの過程
3月中頃、種まき(適温15度〜20度)
落ち葉、生ごみ、食べ残し残飯等で作った堆肥
毎年ドングリの木の新芽に変わる時期に大量の落ち葉を黒いごみ袋に1年以上保管して土作りに利用していますが右の発泡 スチロールBOXに入れた土は約1年半くらいになりますが、野菜の生ゴミや、卵の殻、魚、肉等の骨粉を混ぜて、少しづつ土 を加え混ぜ合わし天日に干したものですが、けっこう土がふっくらとしてきました。 次ここから種まき前に、特に酸性度がどのくらいかは計っていませんが、土を中和する為に1m2当たり100〜150gの苦土石灰を 散布しよく耕し1週間程おいてから、買ってきた牛糞堆肥と腐葉土をよく土に混ぜ込み、又1週間後に左図のように種まき用 の溝を作り大体10〜15cm間隔でまきました。

種蒔き後1週間くらい経過した赤カブ
少し日当たりがよくないのか、同時に種蒔きしたが成長が遅れています。(コカブ)
少し葉が混み合っているところから間引きをしていきます。


種蒔き後、約3週間経過この間本葉が1枚の頃と3枚になった頃と2回間引きをした時にプランターの端のほうに、追肥の 化成肥料を少し土に混ぜ込むようにしました。後もう一回様子を見ながら最終の間引きを予定しています。赤カブが少し 身がつき始めています。


種蒔き後、1ヵ月半程ですが赤カブのほうが成長が早く、土の上に身をせり出し始めました。白のコカブは少し遅れているようですが 最終的にもう一度追肥をして赤カブのほうは後10日ぐらいで収穫、あまり長く置いても成長せずにひび割れになるだけだと、知人に アドヴァイスをもらったので、様子を見て引き抜くことにします。始めてなので結構失敗もありましたが、やはり間引きのタイミングが ずれて混み合ったところと、種子が成長しなかったところがぽっかりと場所が空き、再度蒔き直したりしましたが、秋の種蒔きにはもう少し 上手くやれそうかなと思います。


種蒔き後約2ヶ月程で収穫です、間引きが不十分だったのか、少し小さめですが一部引き抜きました。中には カブどうしの間隔が狭すぎ大根状になったカブもあり、種の蒔き方、間引きの仕方や追肥など色々と失敗した が、秋にはこの経験を生かせそうです。
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.