団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトに目覚める

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの体験日誌
サイトデザインの工夫
色々と試行錯誤の結果、ページを作成する時間も各ページのデザインを統一することで、かなり時間が節約 出来るようになりました。全て手書きで書いていたのでかなりの時間を費やしたので、何とか早く製作する方法を 考えていた時に、ウェブページのデザイン性という観点から見れば統一することですっきりすると思い、一つ テンプレートを作る事で製作時間が大幅に短縮しました。

私が今まで扱っていたサイトは、どちらかと言うとテキスト主体のサイトが多かったので、それに比べれば現サイト は画像が多いほうですが、シンプルで見やすいサイトを心がけていました。今ではブロードバンド時代で大量の画像 ページも表示に時間はかかりませんが、まだまだダイアルアップを利用している方もいますので、余り意味のない FLASHページ等はユーザビリティーにはマイナスになります。
しかし実際にサイトを作りこんでいくと、デザイン等見栄えのいいというか「美しく仕上げたい」という衝動にから れて、ついつい凝った仕上がりにしてしまいがちになります。制作前の「情報」を発信したいとか、サイトから「収入」 を得たい等それぞれの目的を忘れがちになり、Webサイトを作るのが目的になってしまっているケースがあります。 サイトはあくまで目的を達成する一つの手段にしか過ぎません。

訪れた人に何を伝えたいのかと云った視点のページ作 りが必要になると思います。 そういう意味から、テキストの配置などには気を使いテーブルタグで全体のバランスをまとめるようにしました。 そして一番肝心な広告の設置をどのようにしようかと、一番の考えどころですが、テキストコンテンツの中に 自然と文章の流れの中に入ってしまうような形で、テキスト広告を挿入しました。バナー広告を使っても、関連 情報をテキストで補足しました。

又、基本的にはトップページにはバナー広告を置かず、せいぜいグーグルアドセンスぐらいにして、シンプルに サブページにナヴィゲートするようにしました。
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.