団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトに目覚める

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run


アフィリエイトの体験日誌
サイトにストリーを作る
サイト作りをしていて、コンテンツの追加、更新と順調に進めてきたら、一度振り返って自身のサイト をよく眺めてみることをお薦めします。とにかく最初はページ数を増やしたいと思い色々な内容の コンテンツを詰め込みがちになりますが、よくよく考えてみると各コンテンツ間に相互の関連性のない ページが含まれている事があります。

これはサイトに一貫したストリーがないために起こる事で、製作するサイトのストリー性を考え、少なくとも 目的をきっちり考えておくことです。例えばこのサイトでは、団塊世代のセカンドライフをテーマにし ていますが、ゆとりのある時間を持った団塊世代は老後の暮らしの設計を考えながら、何らかの形で社会との 係わりを持ちながら生活していきたいと云う思いで製作しています。

その為には、訪れたビジターが知りたい情報をつまり単なる説明だけではなく、「実体験に基づいた情報」や 「ウェブマスターの考え方、思い入れ」等が重要なファクターになるでしょう。何故ならウェブサイトの情報 というのはいわゆる「伝聞」要素が多いので、実体験ということは「事実」という事で説得力があります。

話は若干それるかもしれませんが、私自身若い頃から営業経験が長かったので、やはりその経験をサイト 製作に取り入れました。営業でまず最初に行うのは、商品説明ではありません。クライアントの悩み、 あるいは問題解決をする為のお手伝いということから始まり、それを解決する為の提案、解決策の提示。

ざっと工程はこんな感じですが、ネットも検索で問題解決の答えを見つけにユーザーがやって来ます。余談に なりますが、以前ユーザーから相談メールをいただきましたが、大半は自分で情報を集めてというような事は 余りしません、そんな中色々探してやっとこのサイトにたどり着きましたと云った文面のメールを見ると、 きちっと返事をという思いになりますが、まあこんな訳でどちらかと言うと手っ取り早く「解決」したいのです。

そういった背景から、コンテンツにストリー性を持たせ、シンプルな分かりやすい説明のあるページ製作が 必要だと思います。
 


容量500MB、月額125円、高性能なサーバが日本最大級のバックボーンに直結。
さくらのレンタルサーバ
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.