団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトに目覚める

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
紙copiパッケージ版

ネットサーフィンのお供に優れもの写真や気になる文章も、右クリック一発のショートカットメニューから!
アフィリエイトの体験日誌
魅力のあるページタイトルで引き付ける
この章はアフィリエイトに限らず、どの分野においても人々にどのようにして認知をしてもらうか、どうしたら 興味を示してもらえるかといった問題です。せっかく訪れたユーザーに長く滞在してもらうには、何となく記事を 読もうかなと思って貰えるような、インパクトのあるタイトルや興味の引くようなタイトルのつけ方が大切です。
そこで電車通勤等されている方は、週刊誌の吊り広告などよく見られると思いますが、タイトルを見るだけで 何となく中身を知りたくて買おうかなという衝動に駆られますが、結構参考になることがあります。タイトルを 中途半端に切り、、、、と云ったような手法ですが何となく気になるものです。あるいは疑問形で表示される タイトルは、それなりに意識をさすような効果があります。

私自身は、このサイトを含め過去に売却したサイトも含めて、サイトの構成はそれぞれのサブタイトルページの 中身は後回しにして、先に一つのストリー性を持たせながらタイトルばかりを順番に並べていきました。一般的には 中身の文章を書いてから、さてどんなタイトル名にするかを考えるものですが、逆に私は全体の輪郭を先に描いてから、個別の コンテンツを詰め込む方式です。

この手法を使うことで、取り上げたテーマのコンテンツに関して不足部分を補う方法もあります。例えば私のサイトは 「保険選び」をテーマに取り上げていたのですが、勿論、仕事ですから自分ではかなりの情報量と思っていましたが、「保険選び」 というキーワード検索をしてみると、関連するキーワードが沢山ありそれを題材に中身の文章を考えた事もありました。
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.