団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトに目覚める

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの体験日誌
サイトの個性、独自性をアピール
サイトのテーマを決めやっと立ち上げたが、同じテーマを取り上げているサイトもネット上には 雨後の筍ほどあります。「保険」をテーマにしていた私のサイトも、保険関連のキーワードでグーグル等で 検索すると企業サイトから個人サイトに至るまで、ものすごい数が存在します。

苦労して作っても、競争相手の類似サイトが数多くある中、やはり他サイトとの差別化を計らないと、一度は 訪れても膨大なサイトの中に埋もれてしまうでしょう。一概に他サイトとの差別化といっても様々ですが、そこは 再び訪れる理由を考えると、他にはない正確な情報量、あるいは運営者の人柄がわかるような文章表現だとか 理由は様々ですが、個性、独自性をアピールする事も大切ではないでしょうか。
私も何が一番苦労したかと言うと、文章表現が一番気を使いました。
最初は営業上の言葉をそのまま文章にすれば いいと思って安易に考えていましたが、いざとなればキボードを打つ指はなかなか前に進みませんでした。

書いては読み直し修正し誤字が無いかと確認しと、その繰り返しでした。又余り八方美人的な書き方は 性格に合わないので、できるだけ文章にメリハリをつけるような書き方をしました。


そして何といっても一番大事なのは新鮮さです、生鮮食品は常に新鮮さを要求されますが、情報コンテンツサイト も同じ事です。一週間前のプロ野球ニュースの勝敗結果を見ても、面白くないのと同じように情報も古くなれば 余程のことが無い限り、注目度は薄くなります。その辺の事を頭に入れながら、検索結果でインデックスされる ページを見て、古くなった記事が多く上位検索されている場合は、そのキーワードで意識して自分のサイトページ 作る戦略を立てました。
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.