団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトに目覚める

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの体験日誌
テーマ選定は自分の好きな分野か得意分野
昔からよく「好きこそ物の上手なり」とい言う言葉がありますが、好きな事をしているので苦労はいとわないと いう事ですが、やはりサイトのテーマ選定はそれが長く継続していけるという事が条件になります。

そう言った意味から自分が仕事にしている事とか、あるいは興味の有る分野なら発信する情報は既にそれなりの物を蓄積しているので 、仮にネタ切れになっても情報を集めたり、調査したりする上でスムーズに行動出来るのではないでしょうか。

私自身のサイトは昨年に売却してもうないですが、保険という事に特化したコンテンツ型の専門サイトや他、3サイト運営していました。 少なくとも月に1回以上は更新というペースですが、ある程度作り込んでしまえば新しいテーマを考える時間的な余裕も 出来ますが、これがショッピングサイトのように毎日更新しないと意味がないようなサイトでしたらとても時間的には対応出来ません。

私の経験則で一つのサイトには一つのテーマが基本だと思います。繰り返しになりますが私の例で言いますと、保険に関連する広告 を置くことがサイトに自然とマッチしているといえます。ビジターは保険についての情報をサーチエンジンで求めてやってきます、 そこに保険にまったく関係のない広告が表示されても、興味をもたれることは極めて少ないということです、この事は最初に経験済み です。

情報発信型のコンテンツサイトではテーマを一つに絞って、そのページに関連した広告を掲載するのが一番自然です。 それ程アクセスが多くなくても、収入が発生する効率のよさが有ります。私自身の現在の目標は現在のサイトにもっと豊富な情報を蓄積 する事で、サイトの存在価値を高めて絶対的なものに確立したいという事です、その一連の流れの中に広告掲載や有料コンテンツで サイトが分身のごとく働いてくれるような運営を、何時かはしたいと思っています。
 

あなたの料金は?BIGLOBEの料金シミュレーション
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.