団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトに目覚める

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの概要
アフィリエイトとの仕組みは
アフィリエイトプログラムは、代表的なところではアマゾンのように企業が単独で提供している例もありますが、一般的には広告主から 委託を受けたアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)によって提供されています。

まず最初にアフィリエイトの仕組みを一言で言うと「成功報酬型の広告」といえるでしょう。このシステム により広告主も、ただ単に広告掲載料を支払うのではなく、実際に販売できたり、サービスを提供できたものに対して広告料を 支払うので、費用対効果の視点からはメリットがあります。

一方Webサイト運営者にとってもASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)を通すことで数百という多くの種類の広告の中から 自分の気に入ったものを選ぶことが出来、かつASPという第三者が介在することでその運営システムを利用でき、管理画面にログインする事で 広告ページのインプレッションや、報酬の計算や支払い等を代わってしてくれることは安心できます。

もう少し具体的に言うと、あなたのサイトを訪れたビジターがサイトに貼られた広告リンクをクリックすることで、広告主のサイトに誘導してそこで 商品購入、会員登録、あるいは資料請求等を行った場合一定金額が報酬として支払われる。

ASPでは、どのサイトから広告主に到ったかを把握しています。それは貼り付ける広告のソースコードの中にサイトオーナーの ID番号から判断するので分かります。プログラムによりますが、すぐに商品購入等に到らず、後日アクセスした時に商品購入等を 行った場合にも、報酬が支払われます。広告主によってこの再訪問後に商品購入や、資料請求した場合の有効日数ルールを決めています。 (一般的に30日位)
 
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.