団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトで収入を得る

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの運営記
多店舗化
収益アップの決め手は、なんと言ってもサイトを量産して複数のサイトを運営することだといえます。 「鉄砲の弾も数撃てば当たる」の諺もありますが、ビジネスの世界では資本の集中と選択が求められますが、 その点アフィリエイトであれば、出店コストは(原稿のアウトソウシングもあるが)時間だけです。仮に 失敗しても失うものは、多くありません。

(PR)アフィリエイトで稼ぐための本格テンプレート 複数サイト運営に効率化
サイトを作った時点では、あまり複数サイトのことは考えていなくて、とにかくメインサイトを情報量の多いページに しようと思っていました。(約170ページ)結果的にページ数が多いということは、それだけアクセスも増え、とりいれた アフィリエイトも反応するように、稼動しました。試行錯誤したことが時間はかかったが、貴重なノウハウになり複数 サイトの戦略を練りました。

やみくもにサイトを増やしても、コンテンツを作り出したりメンテナンスも今まで以上に時間を割かなければなりません。 だからメインサイトを空母のように巨大なものにして、そこから指令を出すようなサイト作りをしました。内容も金融に関連のある 年金等の30ページ位の小サイトを本体からリンクさすような形で作りました。

コンテンツを分離して、より専門化を図りました。問題は管理する時間が多くとられるので、扱うコンテンツは内容が日々変化 するものではなくて、ある程度作りこんでしまえば暫く放っておいてもいいような内容のものが望ましいでしょう。

アフィリエイトやドロップシッピングを本格的に多店舗として考えるなら、やはり経費はかかりますがコンテンツ作りや 原稿依頼を外部に依頼して、とにかくサイトの量産をしてもら究極はそのマネージメンだけする方法もあります。
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.