団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトで収入を得る

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの運営記
プログラムの選定基準
営業経験のある方ならよく分かると思いますが、新規のお客さんに物を販売する場合に、価格が低いからといって 簡単に販売出来るわけではなく、価格の高い品物と同様に商品説明を詳しくします。ましてネットでは手にとって 現物を見る事は出来ません。

私も保険の営業を長くやってきましたが、月保険料が1千円の保険でも、数万円の保険料の商品でも 販売する労力は同じです。安いからといって手抜きした説明では売れません、要するに何が云いたい のかと申しますと販売者サイドに立てば、同じ労力を費やすのであればやはり利益の大きいものを売ります。

幾ら売れるとしても、販売価格の1%とか100円や200円の利益の商品では、100個売ったところで利益は知れています。 販売プログラムを選定する時の基準の一つは、例え趣味でやっていても、サイト制作を継続するモチベーションを 維持出来るだけの利益を基準に考えて選んでいます。

プログラムを探すときは、利益率の高い順に検索して1千円以下は見ないと決めています。膨大な数の販売プログラム を選定する時間も節約できます。ただ利益率が高いと言うのは、選定基準の一要素ですがそこはやはり我々サイト運営者は、 ある意味仲人みたいなもので、ユーザーが喜んでいただけるようなものを紹介すると言うのが鉄則です。

この鉄則をはずし、自分の利益に走ってしまうと、どのようなビジネスでも同じですが、客が離れ信用を取り戻すのが 困難になります。少々値段が高くてもいいものを売ろうと思えば、サイトにそれなりの付加価値を付けなければなりません。 リピーターが多いのは、サイトに又はウェブ運営者のホスピタリティや、安心感かある為だと思いますが、やはりそれは時間を かけて得た信頼と言う事です。長期の視点に立った運営を行いたいものです。
 

Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.