団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトで収入を得る

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの運営記
広告の使い方
前章のアドセンスを使うことによって、効果的な広告のレイアウトの訓練をする事になりましたが、広告には コンテンツ連動型のグーグルアドセンスや、バナー、個別商品広告、テキスト広告等どのように活用するかは サイトコンテンツにより違いがあります。

ショッピングモール型のサイトでは、日々の在庫チェックや新製品の入荷等、作業の大半は掲載する広告の 選定がメインの仕事となってきますが、情報発信型のコンテンツサイトでは、コンテンツ制作80%、広告掲載 20%くらいの比率で、私の場合は時間を当てています。


コンテンツ主体なので、テキスト広告を文章の中に自然な形で流し込むようにしています。

テキスト広告でも自由に書き込むことが出来る広告もあり、又一般的には改編出来ないのですが、使用する テキスト広告の文字が文章に馴染むように、前後の文脈を調整しています。ただテキストばかりというのは、 何となく味気のないものでページのアクセントとして
バナーや商品広告を使います。やはり視覚に訴えたほうが効果がある場合もあり、特に 食べ物の広告はテキストで説明するよりはインパクトがあります。バナーや写真広告に魅力あるテキストの キャッチコピーを添えることで、注目度が増すかもしれません。

小手先のテクニックで、キャッチコピーや写真広告だけがよくても、重要なのは、体験や経験談に裏打ちされた 効果的な宣伝商品の内容、情報を伝えている「本文」がいちばん重要な要素なのです。ビジターの印象に残るのは 「質のいい情報」です。好奇心をあおるキャッチコピーにも目が行きますが、記憶には残りません。ページに 書かれている本文が、ページ全体のクオリティを決めているのです。
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.