アフィリエイト運営記、グーグルアドセンセについて

団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトで収入を得る

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの運営記
グーグルアドセンセを使いこなす
グーグルアドセンスというのは、ウェブサイト運営者にとって非常に手間の要らない広告で使い勝手がいい です。いちいち広告を選ば無くても、サイトテーマに沿った広告が自動的に表示されますので、設置する 場所さえ考えておけば、後はメンテナンスは必要ありません。報酬もクリック課金です。100$を越すと 以前はドル小切手で、円交換の手数料も馬鹿になりませんでしたが、現在はシティバンクから日本円に換算 して振込んでくれます。

ページテーマに沿ったテキスト広告なので、自然な感じで馴染みやすいです。品質のいいページを量産、又は 複数サイトを運営する場合に、広告のことを考えて儲けに走ったページを作るよりも、有益な情報を提供出来る ページ作りをする事で、アクセスも増えクリック率のアップにつながります。

アドセンスの広告サイズは色々有り、それぞれ適当な場所に設置するのですが、広告別のクリック数や収益が レポートに表示されますので、その結果から広告の設置方法等も大いに勉強になります。私自身はトップページ はアドセンス以外は広告を掲載しないようにしていますが、ページを読み終わったか、ストーリーの区切りが ついた場所に貼っています。

又、広告のデザインもバックグラウンドカラーやフォントのカラーまで選べますので、やはりページのデザイン と合わせるような、たとえばフォントの色や背景色を同じにする事により、自然な感じにまとめています。 アドセンスではこのテキスト広告だけでなく、検索向けの広告や(検索結果と同時に関連広告の表示)、ドメイン向け、 フィード向け等の広告もあり、それぞれのシーンで使い分けできます。

こうしたアドセンスを使う事により、広告のレイアウトやデザインに関するセンスが磨かれ、クリック課金収入と 同時にウェブ技術やセンスが向上するので、いかに使いこなすかです。
 



サイトの量産、複数サイト運営には欠かせない、サイト管理の省力化には是非使いたいアイテムです。
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.