団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトで収入を得る

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの運営記
広告主の見極めも重要な要素
さて具体的に広告を掲載するネタ選びになりますが、サイトに関連性のある商品、サービスを提供する広告主 との提携ですが、やはりよく売れている商品やサービスを提供している広告主を選びます。広告主が我々サイト オーナーを審査しますが、それは我々も同じことです。広告主サイトに誘導するまでは我々の責任ですが、誘導後は 実際購買行動や、サービスを申し込むようなサイト作りになっているかチェックします。

過去の経験則からですが、例えば10種類の広告を掲載したとします、全部の広告が満遍なく稼ぐということはありえなく、 大体2,3の広告が稼動して稼いでいるような状況です。まあ考えてみれば会社の営業員が全てトップセールスということは あり得ず、概ね一握りのセールスの成績が全体に寄与している状況と、同じと思います。
だから稼げる広告から取り扱うということが鉄則です、例え同じ種類の広告でも(以前は、保険や金融商品を取り扱い)広告主 により申込み数が全然違うのがありました。ビジターの気持ちで広告主サイトを訪れ、ユーザービリティ等をチェックすることも 大切な業務になります。なぜなら相手にバトンを引き渡すので、後は自分でどうすることも出来ません。

そしてクリック率が高いのに申し込みが少ない広告は、検討の余地が有ります。又、広告主により成果認定の期間が早いとこから 一月に1回位しか認定をしないとこもあり、様々ですが私は1週間に1度位を目途に選ぶ基準を考えています。

以前月初から翌月の1日にまたがり3オーダー程申し込みがあったのですが、認証するのがめちゃくちゃ遅くずっと 未認定のまま、結局40日経過してから一つキャンセルになり、又それから40日近くなって全部キャンセルと管理画面に表示 されていましたが、キャンセルの理由ももう一つ納得いかず、その広告主とは提携を解除しました。

最後に同じ広告でも、ASPによりコミッションにばらつきがあり、ASPによっては申込み数によりコミッション単価が上がるとこも あり、そこはよく考えて選択しましょう。

<PR>
【ニュース速報】楽天市場に異変発生!

 ■ 個人企業が、いつの間にか楽天で月商約1億。売上激増の秘密とは?
 ■ 広島県に住む年配夫婦が月商1000万を達成したキッカケとは?ほか

楽天市場が教える【成功事例の無料レポート】お申込は、こちら!
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.