団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトで収入を得る

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの運営記
サイトの集客方法
アクセスアップの方法は、色々ですが前章で云った様に購買行動を起こしてもらえるビジターを、どのようにして サイトに呼び込むかを考えなければなりません。以前メールマガジンを発行してそれなりに効果はあったのですが、 ボリュムを大きくして月間の発行でしたので、その時だけで長続きするものではありませんでした。 経費を掛ければ集客も出来ますが、SEOの視点から少し考えていくことにします。

ここで少し検索エンジンを利用する時、自分自身も含めて検索後ユーザーがどういった行動をとっているか 想像しますと、タイトルを見て判断、サイトの紹介文に求めている情報があるかどうかと事が考えられます。 その意味でやはりタイトルタグに書かれたキーワードは大切です。このサイトで言えば <TITLE>アフィリエイト運営記、サイトの集客方法</TITLE>が、ブラウザのアドレスバーの上の青い部分 に表示される。
それに続h1,h2,h3等のタイトル、大見出し、中見出し、小見出しと文章構造に比較的短い関連キーワードを2〜3、入 れるとよい。キワードチェックツールを使い、そのキーワードの使用がどの位なのかを調べ、グーグルやヤフーで短月 で10万回以上検索されている言葉を使ったりしました。勿論、キーワードは常に変化しているので、時には思いも よらぬ言葉で検索されています。

日ごろから、自サイトと関連性の あるキワードに注意を払っておきましょう。 多くの人気サイトから、外部リンクをされるとグーグルのページランクが上がり、検索エンジンに上位ランクされやすいと 云われますが、こればかりは外部から優秀だと認めてもらうような、サイトを作る以外方法は有りませんが、私は運営サイトは 3サイトで130ページ位だったのでキワードをアンカータグにはめ込み、内部、外部リンクをする時は必ずキワードに アンカータグを貼りました。

サイトの集客は常に運営者にとって、頭を悩ませる問題でHTMLタグの重要性も有りますが、本質はやはりユーザービリテイ に配慮を払うということが基本だと思います。
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.