団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトで収入を得る

成功のカギは過去の経験の蓄積ではなく、新しい試みを試行錯誤してコツコツと 孤独に耐えながら、ウェブ制作が出来るかどうかだと経験的に思うところです。

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトの運営記
誰でも稼げるか
アフィリエイトの参入障壁は低いので、簡単に参入は誰でも出来ます。簡単に参入できるのと、例え僅かな 小遣い銭程度でも稼ぐとなると、それなりに真剣に取り組まないと実績につながらない。7〜8年前の黎明期から 現在は、簡単に出来るブログの登場以来、取り組む人数はかなり増えていると思います。

アフェリエイトサイトが増加し競争も激しくなっているので、ただ単にむやみやたらにバナー広告を貼った だけのページでは収益も望むべきではなく、仮に広告をクリックしてもらっても、広告主のサイトにジャンプ して物品の購入なりサービスの提供を受けてコッミッションが発生するという事ですので、小遣い銭を稼ぐ程度 の事なのでと、適当にやっていても通用する時代はすでに過去のことだと思います。

統計では実際に月に1000円以上の収入を得ているのは10%程度で、さらに月数十万円以上の収入を得ている人は ほんの数パーセントだと云う報告があります。もともとこの数字は予想できましたが、数が増えたからと恐れる 心配はありません、本当の競争は10セント未満の稼いでいる人との競争になります。
コンビニエンスストアと同じでテナント数が増えれば、当然売り上げが上がるわけですから、ASPやECサイトは 沢山参入してもらえば、それだけ売り上げの可能性や低コストでの宣伝効果になるのでありがたい訳です。

アフィリエイトを始めるには経費もかからないという事で、簡単に開始することが出来ます、しかし一方では サイト作成、情報収集、サイト更新等にかかる時間コストは決して小さいものでは有りません。


本業をもち尚且つ片手間にサイトを運営していくといっても、それなりにエネルギーが必要になるものと思います。

定年退職を迎えた、団塊世代のオジサン達が悠々自適のリタイア生活が確約できる方は別にして、定年で仕事を 離れざるを得ない、あなたには経済的な不安はまったくないでしょうか!私自身はサラリーマンでは有りませんので 定年というものが有りませんが、しかし生活レベルまでを賄う程年金額は多くは望めませんし、収入を補う為に働き 続けなければなりませんが、この機会にサイト運営とアフェリエイトを本腰を入れて挑戦してみようという気になって います。

これから時間的余裕を多いに持てそうな団塊世代のオジサン達には、新たなものに取り組むチャレンジ精神 のある方には、私自身も含めて良い機会ではと思っています。現在スーパーアフィリエイトと呼ばれる月に 100万円以上も稼いでおられる人達もおられプロフェショナル化の傾向が進んでいますが、後発と言ってもまだまだ チャンスはあるものと、私自身も勉強になればと考え試行錯誤しているところです。

Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.