団塊世代のセカンドライフ

団塊のオッサン、アフィリエイトに目覚める

ネット上のヴァーチャル社会も、現実のリアル社会もビジネスはアイディアや、思い浮かんだ「ひらめきは」 大事です。それを実現するパソコンは道具の一つでしかありません。これから時間と言う財産を手にした団塊世代 の皆さん、トライしてみませんか。

トップページ
アフィリエイト体験日誌
アフェリエイトとの出会い
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト・サービス・
アフィリエイトの魅力と
テーマ選定は自分の好
サイトの個性、独自性
魅力のページタイトル
サイトにストリーを作る
サイトデザインの工夫
アクセスアップが目的では
アフィリエイト運営日誌
誰でも稼げるか
サイトの集客方法
アクセス解析は必須
広告主の見極めも重要な
グーグルアドセンセ
広告の使い方
プログラムの選定基準
商品のマーケット規模は
多店舗化
Walk don't run
アフィリエイトとの出会い
アフィリエイトとは
辞書でAffiliateという言葉を調べると「提携する」「結び付ける」「加入させる」というような意味が 書かれています。Webサイトを運営する人が、企業などの広告主をASP(Affiliate Service Provider)と呼ばれる広告代理店を 介して提携して、商品販売等の窓口になることで、その成果報酬を受け取る仕組みになっています。リスクもなく家で仕事が出来る 事で、最近ではメディア等でも取り上げられアフィリエイトへの注目度は高まってきています。

私がアフィリエイトと言う言葉をはじめて知ったのは2003年の正月でした。以前、私の運営している保険専門サイトは 2000年9月に立ち上げたのですが、殆ど更新もせずそのまま放っていた状態だったので、当然のことながらアクセスも少なく メールマガジンの発行時に若干の問い合わせがある程度で、このまま広大なWebの中に消滅してしまう運命かなと思い巡らしながら 、正月でゆっくりとした時間もあったので、サイトデザインやHTMLに関するサイトをサーフィンをしていた時に、HPで副収入 というサイトの宣伝で知りました。

当時その事を知った時に、簡単に出来てリスクもなくこれはいいなと思っていましたが、しかしサイトのアクセスが殆ど無い状態 だったので、まずはそちらから先に改善しなければ、話にならないと思っていましたが、とりあえずASPのA8に申し込み早速と広告バナー を貼り付けました。たしか日経BP、ガーデニングのバナーをサイトページの空白を埋めるような感じで貼ったことを覚えています。 今思えばよくもこんないい加減な作り方をしたものだと思いました。当然のことながら、当たり前といえば当たり前なのですが、 売り上げどころかクリックさえないような状態でした。

結局、本腰を入れてというかサイトを本格的にリニューアルしたその年の9月に、アフィリエイトもページの中にストーリー性をもたし 一つのコンテンツとして取り扱っていったお陰で、10月からコンスタントに毎月副収入を得ることが出来、月によりばらつきが ありますが、半年後位に6,7万〜12,3万レベルになり安定していましたが、保険代理店も廃業したので、タイムラグはありましたが 1年程前にそのサイトを、ネット上で売却してしまいました。コンテンツを評価していただき、いい値段がついて喜んでいます。
 

NEo-serve.net なら
月額1050円で独自ドメイン、サーバースペース100MB、メールアカウント50
CGI,SSI,PHP 使用可能
Copyright(C) 2009 office taka All rights reserved.