唐十郎 中国窯跡の旅  トップページへ戻る
 青磁のふる里、福建省の龍泉窯と浙江省
杭州市の修内司窯 発掘現場 龍門石窟
 絵をクリック
 して下さい
 
龍門石窟 川の岸壁の
高い所を沢山
彫って有る
山を削って特大の仏像を沢山
彫ってある
大都会には
スイカを乗せた
馬車も!
石油で動く
発動機のトラクターも活躍中
建物の裏側
中国の現実
ホテルの洗面台 ホテルの洗面台    

龍泉市 龍泉窯 窯跡見学

福建省龍泉市
明時代の屋根
付橋
屋根付橋の
入口龍泉は
青磁のふる里
橋の名前は
永和橋
全長120m
発掘中の
修内司窯
(ウナイジュヨウ)
皇帝専用の窯、
進入禁止状態
 
修内司窯の貴重な陶片
これらの青磁にはメノウの
の粉が上薬に使用、
発掘調査が終われば国宝
予定の未発表の青磁花瓶
龍泉市宋時代
陶片を壁に塗
り込んだ家
 宋 時代の陶片
の壁素晴らしい
模様だ
修内司窯は皇帝専用の窯で日本で言えば京都御所内に
造られた天皇専用の窯と言う事です、発掘現場は銃を持っ
た憲兵が24時間立っています、左の花瓶は時価10億円
と言われる無傷の発掘品です。今回はなんとホテルの床に
置き写真を撮りました
宋 時代
龍泉窯 窯跡
郊壇下窯
陶磁器研究所で
体験して
いい青磁が出来た
サソリの
唐揚げだよ
揚げると毒が
消えるらしい
鳥の頭と足
だよ、やっぱ
食べれない
宋時代(平安時代)1000年前の貴重な陶片がどっさり、
中国は歴史が古いからこの位でないと古いと思わないそうだ。

時代(江戸時代)なんてのは最近と思っている。
龍泉市は豚も
放し飼いの
田舎なのだ
これは何だ?
トッ、トイレでは、
いや便所だ
公衆トイレは下に
小川が流れていて
水洗だでも前後
丸見えだ
龍泉博物館に
ご招待
右上の龍泉博物館、休館日にも関わらず館長
が私たち5人の為にシャッターを開け特別御招待なのです、
なぜかと言うと中国でも有数の陶磁器研究家の考古学の
大先生が同行して頂けるからだ。
   
清の時代だが塀の中にこんなにいい焼
物がはめ込められている、唐三彩ではな
いが清三彩の浮彫の「王様と兵隊」の
飾り、私のお宝です