本文へスキップ

温故知新(故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る) 豊岡のめがね橋を守る会

『豊岡のめがね橋』の写真と動画のページです。

各部の名称と用語・写真

豊岡のめがね橋熊本市植木町豊岡)架設:享和2年(1802)
『豊岡のめがね橋』は、ここにあります。
        

(熊本市指定文化財)
「豊岡のめがね橋」は径間11.2m、拱矢(高さ)4.4mの単アーチ石造橋で、中谷川に架かる。完成は江戸時代後期の享和二年(1802年)。熊本県内で創建時の位置に保存されている石橋の中では最も古く、建造の歴史背景を今に留める貴重な価値を内在する。輪石のズレ止めとして継手に玉石をはめ込んだ楔石(くさびいし=太柄(だぼ))と、要石(かなめいし)がリブアーチ(橋軸方向に桁状に並べる)工法であることは、他の多くの石橋には無い、熊本の石橋建造の初期の特徴である。
平成5年12月3日、旧植木町が文化財に指定した。
 この橋を渡る旧道の先の国道208号線沿いに「田原坂攻撃官軍第一線陣地跡」の石標があり、西南戦争で官軍はこの橋を拠点に出撃したとされる。
要石の列には、下記の関係者(有志・石工)が陰刻されている。
 上流側の要石には、鈴麦村田原村庄屋彦次郎、正院会所詰弥兵衛、右同総代寿三郎、右同甚兵衛、右同良助。下流側の要石には、山本郡口川、内田手永月田村、石工理左衛門、右同吟右衛門、右同次平、右同惣八、正院手永円台寺村、右同大平、南関手永関東村、大工嘉右衛門とある。
(熊本市教育委員会)
※案内看板にある説明文を編集しています。




























 橋長(きょうちょう) 橋の長さのこと。欄干がある場合、欄干の端から端までを測る場合もあります。
 橋幅(きょうふく) 橋の幅のこと。豊岡のめがね橋の親柱に”昭和35年3月竣工”と刻まれており、この時に橋の両側をコンクリートで張出し、拡幅したものと思われます。
 親柱(おやばしら) 欄干の端にある太い柱のこと。自然石、コンクリート製があり、橋、川の名前などが彫ってあります。
 輪石(わいし) アーチを構成する石で、めがね橋を支える一番大切な石です。
 要石(かなめいし) 要石(かなめいし)は、輪石アーチ部の最頂部の部材です。楔石(くさびいし)、拱頂石(こうちょうせき)、冠頂石(かんちょうせき)、キーストーンとも呼ばれます。
 楔石(くさびいし) 輪石と輪石を継いだ石のこと。この技法は琉球式(沖縄)石組みといわれ、県内でもきわめて珍しい石橋の一つです。
 壁石(かべいし) 中詰め土砂が崩れないように、橋両側面の輪石の上方に積む石
 径間(けいかん) アーチの直径、アーチの内から内までを測ります。
 拱矢(きょうし) 基礎(橋台)の上から要石の下側までの高さのこと。
※各部の名称と用語は、「日本の石橋を守る会」、「肥後の石橋(熊本国府高等学校)」のサイトを参考に記載しています。 


※写真をクリックすると大きく表示されます。

豊岡のめがね橋の景観と現状 
     
 上流(右岸側)より 上流(正面)より  上流(左岸側)より 
     
 下流(右岸側)より 下流(正面)より  下流(左岸側)より 
         
  看板には、植木町指定文化財となっていますが、平成22年に熊本市と合併し、現在は、熊本市北区植木町となり、「豊岡のめがね橋」は熊本市指定文化財となっています。  川の名前に相違があります。
案内看板には「滑川」と記載されており、
写真左の現道に架かる橋の親柱には「中谷川」となっており、写真右の旧橋の親柱には「田原川」と刻まれています。
楔石(くさびいし)
輪石と輪石の間にある小さな石です。
太柄(だぼ)とも言います。 
要石(かなめいし)
輪石アーチ部の最頂部の部材です。楔石(くさびいし)、拱頂石(こうちょうせき)、冠頂石(かんちょうせき)、キーストンとも呼ばれます。
       
 案内看板の支柱、ガードレール、欄干(鉄パイプ)が錆び付いており、橋際のガードレールが曲がっており景観を損なっています。
     
 橋面上部の状況です。
写真手前が国道208号線側で、写真奥が熊本市側です。
左側に「田原坂」入口があります。
拡幅のため上下流を70cm程張出しており、架けられた当時は太鼓状であった橋面をコンクリートで嵩上げ、水平にし、橋上面にコンクリート舗装を施してあります。(親柱に昭和35年3月竣工と刻まれています。)
 幾度かの増水により壁石が流され、上下流側とも目地が空きすぎているため、モルタル(セメント)で補修されていますが、モルタルが垂れており景観を損なっています。 
     
 堆積土は、下流側まで続いており、葦と思われる草が繁茂しています。上流側には流木が引っ掛かっています。
また、下流側のブロック積みが河川中央側に出ています。下流側の河積障害物は流速を妨げ、それが原因で流れが阻害され石橋を越流し川の氾濫が懸念されます。川の流れを良くするため、また、違和感の無い景観のためには改善が必要かと思われます。
   
  拱頂部(左岸側より)
要石は左右に細長い構造です。リブアーチ(橋軸方向に桁状に並べる)工法であることは、他の多くの石橋には無い、熊本の石橋建造の初期の特徴です。
 クラック(ひび割れ)が数多く見られます。
右岸側には、熊本地震の影響によるものでしょうか、比較的新しいクラックが見られます。
 ☆「豊岡のめがね橋」は熊本県内で、創建時の位置に保存されている石橋の中では最も古い石橋です。
(移転復元された、より古い石橋はあります。)
 どのような必然と経緯があって、この社会資本がこの場所に作られたのか、建造当時の歴史背景や精神文化を今に留める、熊本の貴重な財産です。また、西南戦争では、その悲惨さを間近で見てきた歴史的な文化遺産です。
 私たちはその貴重な文化遺産や史実を大切に受け継ぎ、適正に保存・整備・活用し、後世に継承していく義務があると思います。
 いま、豊岡のめがね橋が、大切にされている・景観が良いとは、とても思えない現状となっており、残念でなりません。幾度かの増水により壁石が流され、そのつど修復されてきたようですが、修復工法に一貫性が無く、石橋全体としての景観・芸術性などは完全に無視された継ぎ接ぎ状態です。人為的に損傷を受けた石橋としか言えない現状となっています。 
 
昔(西南戦争直後と思われます)の写真です。写真にマウスポインタ を載せると現在の写真が見られます。 

動画

◆YouTube「豊岡のめがね橋」

豊岡のめがね橋を守る会-掲示板-

〒861-0163
熊本県熊本市北区植木町豊岡