戻る

池と設備

発展途上設備の概要です。


池の全景
池の全景
手前のシート池 2面は子取り用 畑池
赤いのは600リットルFRP水槽
隣が2tステンレス池 4tシート池、4t鉄池
いちばん奥がハウス池です。
 
 
メイン池
メイン池
総水量 30t
池→沈殿槽→接触バッキ槽→生物濾過槽→ポンプ→強制濾過→ジェット
 
池、ハウス、濾過、ポンプ、強制濾過機その他すべて手作り、廃材、拾い物、貰い物で全設備費は約50万円 土日、土日の作業で8ケ月かかりました。
メイン池濾過機
メイン池濾過機
強制濾過機 廃棄物再生品元は工業用軟水装置だった。改造費用 2台で約5000円
ポンプ(グルンドフォス社製)、スクラップ屋さんで見つけて修理最大水量 35t/h 0.75Kw インバーター制御で 夏は35〜40Hz 冬は20〜25Hzで運転 修理改造費用 約1500円
ブロアー スクラップ屋さんで拾ってきたものを修理しもう4年も使っている。修理費 0円
 
グルンドフォス社 世界で1.2を争うポンプメーカーです。もちろん日本にも組立工場があります。
ポンプ制御盤
ポンプ制御盤
もちろん くず鉄再生品 ハウス内の他の水槽のポンプ制御、温度制御
  部品集めには少々苦労しました。
制御盤内部
制御盤内部
真ん中に3個並んでいるのがインバーターです。
 周波数を自由に変えられ省電力には抜群です。
  50Hzの定格35t 750wのポンプを夏場35Hzで運転すれぱ水量 24tで 消費電力は260w 冬 25Hzで運転すれば水量 半分の17.5t 消費電力は約100wですみます。
強制濾過図
強制濾過図
工業用濾過装置には攪拌装置は付いていませんがそれ以外はほとんど同じ構造です。7号から4号の濾過砂利は支持床といいろ材(アンスラ)の流失を防止するのと流量が筒内を平均にするためのものです。 逆洗時ろ材(アンスラ)は湧き水が出ている砂層の様に流動床状態となり全体に持ち上げられろ材どうしが揉まれて汚れが排出されます。
攪拌羽、攪拌棒は汚泥で固まった場合にほぐすもので連続的に回転させる必要は有りません。  逆洗水量が設計のポイントで多すぎるとろ材が流失し、少ないと流動せず逆洗出来ません。  ろ材の上のスペースをフリーボードと云い流動時ろ材が持ち上がるスペースです。
ジェット説明図
ジェット説明図
塩ビ製ジェットです。 原理はベルヌイの定理
50×30の異径ソケットと65×40のチーズあとはパイプのみ 酸素の溶け込みとサイレンサー効果を狙っています。 設計流量は 20tです。
池の構造図
池の構造図
池の断面図です。 それぞれの説明は『設備と雑記』に記載してあります。
池水循環装置
池水循環装置
65mmのパイプとチーズとヱアーストーンで造った池水循環装置。配管径をいろいろ試しましたが普通サイズのエアーストーンの場合はこのサイズが最適です。変形池などで循環不良の場所にはもってこいです。
長所 安い。循環水量が多い。 水面の波立ちが無く鯉が見やすい。溶存酸素の取り込ができる。 音がしない。壊れるものが何も無い

● PrevIndexNext

戻る