東京湾奥、若洲海浜公園・青海南ふ頭公園での釣行日記 : 2019年10月

 :ホームページのご意見・ご感想はこちらまで 
   専用フォームからお願いします

釣行日記


予期せぬ富津新港


  • 日付:10月5日(土)
  • 時間:8:10〜11:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:10:06/20:00
  • 干潮:2:50/14:52
  • 潮回り:小潮
  • 場所:富津新港


ご存じの通り先月関東地方に上陸した台風15号により、近隣の釣り場は大きな被害を被り、閉鎖が相次ぎました。
特に本牧海づり施設の渡桟橋は壊滅的な状態ですね。
仕事の忙しさがピークの状態ということもあり、しばらく釣りは無理かな、と思っていたところ、中学生の長男が珍しく 釣りに行きたい!! とお誘いが。

中学生になりあまり話す機会もなかったので、ここはひとつふたりで釣りに出掛けることにりました。
前述のとおり、本牧海づり施設は残念な状況なので、復旧したばかりの市原海づり施設へ出かけることにしました。

市原海づり施設
車で約90分ほどで到着。
ハイシーズンではありますが、土曜日にしては結構並んでいる印象です。


そしていつものように整理券を配られるのですが、係員の方が何度も指で人数を数えています。
完全復旧ではなく人数制限ありと聞いていたのですが、具体的な人数はたしか発表されていなかったと思います。
何だか嫌な予感がしてきましたが、まさに的中。

管理棟に入場し、階段を昇ったところで、前のお客さんが 大変申し訳ございません、満員になりました。 と絶望的な通告を受けていました。
当然管理人も入場できず、待ち番号2ということなのですが、今入ったばかりのお客さんが退場するのは早くても昼前あたりでしょう。
ここで待ちぼうけしていても仕方ないので、市原を後にすることにしました。

管理人ひとりならばここで帰宅、昼寝というところでしたが、車中ぐっすりでやる気満々の長男を説得できるわけもなく、未経験の富津新港へ出撃することにしました。

富津新港
市原から30分ほどでしょうか。
8時入りでしたが釣りスペースはまだありました。


とりあえず釣りができてよかった、とほっと一息。
アジ釣りでけっこう有名なポイントと聞いていましたが、周りは釣れている様子無しですね。

富津新港
サビキ釣りの親子連れで賑わっていました。
駐車スペースは十分にあるのですが、トイレがありません。


早速サビキ釣りをはじめてみます。

すると仕掛け投入、わずか数秒で当たりが・・・
なかなかの強い引きですが、とても嫌な予感がします・・・

写真は撮らなかったのですが、このあと親子そろって約2時間アイゴの猛攻に襲われ続けます。
釣れて楽しそうなのは最初の数十分、長男も飽き始めて11時にはギブアップ。

折角なので富津岬でいい眺めを拝み、帰路につきました。
釣りがまた遠のきそうな一日でした。

>>先頭に戻る