東京湾奥、若洲海浜公園・青海南ふ頭公園での釣行日記 : 2016年6月

 :ホームページのご意見・ご感想はこちらまで 
   専用フォームからお願いします

釣行日記


シロギスを求めて 2


  • 日付:6月23日(木)
  • 時間:14:00〜16:30
  • 天候:曇りのち晴れ
  • 満潮:5:25/19:34
  • 干潮:0:33/12:46
  • 潮回り:中潮
  • 場所:若洲海浜公園(堤防)


ここ最近、釣りに行けていませんでした。
虫エサを買っても結局行けず、燃えるゴミになってしまったりと、モヤモヤした日々を過ごしておりました。
木曜日は午後、仕事を休むことができたので、久しぶりの釣行へ。
曇空も午後から晴れ間が見えるということで、本牧も考えましたが、近場の若洲堤防に決めました。
体が疲れ気味で、本牧遠征を敢行しても思い切り楽しめなさそう。
若洲であれば、釣った魚をそのまま夕飯のオカズにすることが可能。
と、色々考えた結果です。

火曜日の夜に購入したジャリメ20グラムと、冷凍庫に眠っていたアミエビブロックを持参。
狙いはシロギスですが、サビキ釣りでも何か釣れたらお持ち帰りする予定です。
慣れというのは恐ろしいもので、車をレンタルしてしまいました。
以前であれば自転車かバス釣行が常識でしたが・・・

堤防
さすがに雨上がりの平日、釣り客はまばらでした・・・
ただよく見る顔のおじさんは何人か発見。


海は前日の雨の影響もあり、濁り気味。
時々小雨がぱらつく曇空ということもあり、シロギスよりもイシモチの方が条件としては良いように思います。
投げ竿2本、湾奥で比較的実績のあるスパークオーロラの仕掛けで攻めてみました。
すると、数分で竿がガクガクして・・・

イシモチ
驚きのイシモチ3連掛けでした。
グーグー鳴いています。


イシモチはカミさんが大好きな魚なので、早速、夕飯のオカズができたとメールしていたら・・・
隣のカップルが あ〜釣れた〜 と、イシモチを連掛けしていました。
常連のおじさん曰く、 朝から釣り始めてだいたい20匹は釣ったよ。 ということです・・・
そんな釣ってどうするんだろうと思っていたのですが、どうやら周りの人におすそ分けしているようです。

管理人は80mほど投げていたのですが、ちょい投げでも釣れているようでした。
つまり、入れ食い状態で、ちょっとしたイシモチフィーバーが起きていました。
管理人は2匹釣れば十分だったので、小さい1匹はリリース。
投げ釣りはシロギスだけに狙いをしぼります。

サビキ釣りの様子も探りたかったので、しばらく投げ竿は放置。
16時過ぎからサッパがポツポツ釣れ始めました。

サッパ
30分で6匹ほど釣れました。


太陽が顔を出し始めると、気温が急上昇してきました。
湿度もあり、体力が奪われます。
釣るものも釣ったし、帰って子供たちと遊ぶことに決めました。
17時前に衲竿。

イシモチ
とても綺麗な魚体です。
塩焼きにしましたが、やはり売られている魚とは明らかに味が異なります。
美味しい・・・


シロギスは釣れませんでしたが、しばらく湾奥はイシモチが好調のようです。
週末は日曜日が晴れるみたいなので、青海に行ってみたいと思います。

キス釣りのはずが・・・


  • 日付:6月5日(日)
  • 時間:16:00〜17:40
  • 天候:雨のち晴れ
  • 満潮:4:14/17:45
  • 干潮:11:01/23:22
  • 潮回り:大潮
  • 場所:若洲海浜公園(堤防)


6月になり、関東地方も梅雨入りとなりました。
この時期、海の中もようやく活気づき、湾奥でもサビキでサッパやシコイワシが釣れ始め、投げ釣りでもシロギスやイシモチの釣果が期待できるようになります。
釣りに行きたくなると同時に、雨が降りやすくなり、どのくらい釣り場へ足を運べるかはその年によってまちまちですが、今年はどんなものでしょう。
去年はわずか2回の釣行に終わっています・・・

日曜日、朝まで雨が降っていましたが、昼頃から好転。
徐々に晴れ間が見え始めたので、シロギス釣りへ出かけることにしました。
青海か若洲かで迷っていたところ、長男が 釣りに行くの?僕も行きたい。 とポツリ。
少年野球の練習が朝の雨で中止になっていました。
子供連れならということで車釣行となり、駐車場のある若洲堤防に決定。

長男とふたりで釣りに行くのは何年ぶりだろう・・・
思えば釣りの世界に引き込んでくれたのは長男の 釣りをやってみたい。 という一言がきっかけでした。
久しぶりに夜まで頑張ろうかと思っていたけれど、子供連れになってしまったので、おそらく世話などでたいした釣りにはならない・・・ハズ。
それでも親子の貴重な機会が訪れたと思い、別の意味で楽しみになってきました。
車を走らせ、15時30分ごろ、若洲堤防へ到着。

キャンプ場前
予想はしていましたが、堤防は釣り人でぎっしり。
キャンプ場前は若干の余裕あり。


長男がちょい投げ釣りをしたいと言うので、キャンプ場前へ。
サビキ釣りと投げ釣りが半々といった感じでしたが、あまり釣れていないようです。
家族連れがとても多く、賑わっていました。

釣れないせいか、釣りをしているお父さんが もう早く帰りたい! と、子供に蹴られていたり・・・
帰って家事するの私なんだから!何時に帰るのよ! と呆れるお母さんがいたり・・・
なかなかお父さんも大変ですね。

管理人はジャリメで投げ釣り一本。
長男もちょい投げ。
長男はひとりで投げられるので、仕掛けの交換だけ手伝いました。
成長したのか、釣れなくても文句も言わず、淡々と投げ続けていました。

キャンプ場前はブヨブヨの貝ゾーンがあり、根掛かりするので、あまりやる気がおきませんでした。
その代わり、長男と学校や野球の話をたくさんすることができました。
どちらかというと慎重派な性格で、未知の領域にはあまり足を踏み入れないタイプですが、最近はいろいろ自信がついてきたのか、自分の考えを語るようになってきました。

そんな子供の成長を感じつつ、17時を過ぎて帰り支度を始める人がちらほら。
堤防もスペースができ始め、夕マズメを狙う方は17時以降が落ち着いて釣りができそうです。
何も釣れないので管理人は投げ竿を早々に納竿。
長男の釣りを眺めていました。

あ、なんか釣れた。

ハゼ
極小ハゼが釣れました。


区切りが良いのでこれにて長男も納竿。
まともな釣りはできなかったけれど、子供といろいろ話ができて楽しかった。
来週末も晴れるといいなあ・・・

>>先頭に戻る