東京湾奥、若洲海浜公園・青海南ふ頭公園での釣行日記 : 2015年12月

 :ホームページのご意見・ご感想はこちらまで 
   専用フォームからお願いします

釣行日記


冬の本牧


  • 日付:12月26日(土)
  • 時間:9:30〜16:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:5:58/16:53
  • 干潮:11:26/23:47
  • 潮回り:大潮
  • 場所:本牧海づり施設(新護岸)


土曜日は久しぶりにファミリーフィッシングに出かけました。
混雑していない。
風もなくて日が差し込むと暖かい。
駐車場がある。
トイレもある。
護岸が整備されていて子供が事故に巻き込まれる心配もない。
それなりに釣果が期待できる。
以上の条件を満たせる釣り場ということで、色々と検討した結果、行き先は本牧海づり施設に決めました。

鯖のシーズンが終わると、週末でも平均入場者数が400人前後だと思いますので、護岸であれば釣り場は確保できると予測。
シコイワシ、サヨリ、ウミタナゴあたりの釣果が期待できそうです。
ちびっ子連れての移動は大変なので、レンタカーを借りました。

8時過ぎに自宅を出発して、海づり施設には9時に到着。
首都高速は空いていたので、移動はとても快適でした。

小中学生無料デーということでしたが、思ったよりも混んでいませんでした。
もちろん桟橋は満員でしたが、護岸にはまだスペースがありました。
我々ファミリーは管理棟近くの新護岸に釣り座を確保しました。

新護岸
ただトイレと原っぱに近いという理由だけです。
しかし、子連れの場合は重要な要素になります。


護岸は陽が当たりとても暖かく、コートが不要なほどです。
長袖一枚で釣りをしている少年もいました。
ここまでは出来過ぎなくらい、理想的な流れです。
これで釣果に恵まれれば言うことなしですが・・・

カミさんと子供たちにはサビキ釣りを、管理人は投げ釣りをやりながら、世話をすることにしました。
子供たちはまずリュックサックから3DSを取り出したので、とりあえずカミさんにトリックサビキを用意。
楽しんでもらっている間に、子供たちの仕掛けを用意します。
と、いきなり・・・
なんか釣れたみたい・・・ とカミさんが一投目で当たりがあった様子。

ウミタナゴ
本当かなあと半信半疑でしたが、15p程のウミタナゴが掛かっていました。


なんでもよいから最初は釣れると雰囲気もポジティブになります。
周囲を見渡すと、シコイワシが釣れているようでした。

そこで、表層から中層を中心に探ってみるようアドバイスすると、鈴なりのシコイワシが釣れました。
子供たちも釣れるとなると乗り気になり、サビキ釣りに挑戦。
長男はシコイワシを2匹釣りましたが、次男の竿には来てくれませんでした。
シコイワシタイムは11時頃に終了。
干潮時間帯となり、お昼休憩です。

シコイワシ
若洲のシコイワシよりも大きめです。
お持ち帰りすることにしました。


ご飯を食べる前に、放置してあった投げ釣りの仕掛けを回収してみると、何か魚が掛かっています。
期待させてくれましたが、落ちハゼでした。

ハゼ
お腹に卵がありますが、カレイ針に食いつき、弱っていたので、お持ち帰りすることにしました。


午後になると当たりは遠のいてしまいました。
子供たちと原っぱで野球をして暇をつぶします。

原っぱ
誰もいないので独占状態でした。


14時頃になると、コマセを撒き続けるとサヨリが寄ってくるようになりました。
また、相当なウミタナゴが浮いてきます。
そこで、管理人は若洲で得た経験を生かし、コマセと同調させる作戦を敢行。
ウミタナゴの猛攻を交わしつつ、サビキ釣りで一匹サヨリをゲット。
しかし、この方法はコマセの消費量が大きく非効率なので、ウキ釣りに仕掛けを変更。

何とかしてサヨリを釣り上げたいのですが、コマセに集まるウミタナゴが釣れる釣れる・・・
長男が興味を示したのでウキ釣りをバトンタッチ。
何度かサヨリに逃げられましたが、30分後、見事に釣り上げました。
失敗を重ねた末の釣果だけに、長男も大喜び。
これに負けじと次男もウキ釣りに挑みます。

管理人がトイレで用を足していましたら、 サヨリが釣れたー という次男の叫び声が聞こえてきました。
黄色い球が動いたので合わせたら釣れたとか、一人前なことを言っていました。
しかし、針はしっかりと上あごに掛かっていました、大したものです。

サヨリは16時前には姿を見せなくなりましたが、ヘチ釣りで相変わらずウミタナゴが釣れ続けました。
長男が18pのウミタナゴを釣りましたが、針を飲んでしまっているため、お持ち帰り。
その他釣れたウミタナゴは全てリリースしました。

ウミタナゴ
本牧冬の風物詩ですね。


コマセも最後まで使い切り、風が出てきたので16時過ぎに納竿。

渡桟橋
夕マズメとなり、桟橋ではアジが釣れ始めているようでした。


帰りの首都高速も渋滞に巻き込まれず、順調に帰ることができました。
ガソリン代の安さもあり、交通費もあまり掛からず。
イイコトづくしの一日でした。

釣果
今日の釣果です。
4目釣れました。

焼き魚
ウミタナゴは塩焼きにして翌朝の朝食に。


しかし、家族の評価はイマイチ。
我が家ではお持ち帰り対象外に認定されてしまいました。
ちなみに管理人は美味しいと思います・・・

再びサヨリ


  • 日付:12月23日(水)
  • 時間:8:00〜13:30
  • 天候:曇り
  • 満潮:3:50/14:53
  • 干潮:9:05/21:42
  • 潮回り:中潮
  • 場所:若洲海浜公園(堤防)


天皇誕生日は一日雨の予報でしたが、二日前になって午前中は曇りに変わりました。
午後から雨が降り出し、朝はかなり冷え込むということで、混み合うことはないだろう判断し、再び若洲へサヨリ釣りに出かけました。
さすがに自転車は心が折れそうになるので、始発のバス釣行です。

若洲堤防には8時に到着。
どんより分厚い雲が覆われていまして、いつ雨が降り出すか分からない空模様。
家族連れは少ないのですが、ベテラン風釣り師がそれなりにおりまして、堤防中央付近までけっこうな釣り人が竿を出していました。
管理人は前回に引き続き、堤防の中央に釣り座を構えましたが、隣の老夫婦は11月の鯖祭りのお隣さんといっしょ。
少し奥にも鯖を贈呈したおじさんが釣りしていました。

堤防
投げ釣りの方もちらほらいましたが、サヨリ狙いの方がほとんどですね。

堤防
前回、トリックサビキが不発に終わったので、今日はウキ釣りで勝負です。
市販の仕掛けを購入しました。


それにしても先客が残したコマセの残骸がひどいことになってますね。
自分で汚した釣り場くらいしっかり片付けて欲しいものです。

隣の老夫婦はトリックサビキですが、順調にサヨリを釣り上げています。
コマセを撒くとあちらこちらからサヨリが集まってきます。
12月の若洲堤防でこのような光景が見られるのは異常ですが、本当に釣り堀状態です。
ウキ釣りで果敢に挑みますが、なかなか合わせられません。
目視で確認できるのですが、けっこう上手に餌を捕食します。

ワラワラとサヨリが集まるので、適当に合わせると尻尾に針掛かりすることもありました。
2時間ほどすると、ようやくコツをつかめるようになりました。
シモリ玉の微妙な変化で合わせが決まった時はなかなかの爽快感です。

サヨリ
30pオーバーも釣れます。
順調に釣果を伸ばしていき、途中からは25p以下は全てリリースしました。


気分転換に今度はサビキ釣りです。
ピンク色の疑似針(4号)です。
竿をしゃくり、コマセカゴから出たコマセと疑似針を同調させると、サヨリが掛かります。
サビキ釣りでも釣り方を間違えなければ、サヨリも疑似針を見抜くことはできないようです。
今まではコマセの量が不足していたのかもしれません。
アミエビブロックを惜し気もなく使い、13時30分に納竿。
雨も降ってきそうだったので、13時58分のバスで帰りました。

釣果
今日の釣果です。
良型のサヨリが釣れて、とても楽しい釣行でした。


そして食べなきゃ損と言われましたので、刺身にしてみました。
確かに美味しいです。
翌日、残りのサヨリを天ぷらにて食しましたが、これも美味しいです。
というわけで、またサヨリを釣りたいと思いました。

刺身
くるくる巻いたりしてみました。
コリコリとした触感と爽やかな風味が何かに似ているようで思い出せませんでした。


しかし、サヨリは一体いつまで釣れるんでしょうか・・・
年が明けたらさすがにサヨリも湾奥から姿を消すのではないかと思うのですが・・・

豆アジ!


  • 日付:12月16日(水)
  • 時間:15:00〜21:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:8:31/19:26
  • 干潮:1:36/14:08
  • 潮回り:中潮
  • 場所:若洲海浜公園(堤防・キャンプ場前)


今日は一日休暇でした。 午前中は次男の幼稚園の行事がありましたが、午後は予定がありませんでした。
天気もよく、風もないので再び若洲へ出かけることにしました。
平日はお昼の時間帯にバスがないので、自転車釣行となりました。
カミさんから電動自転車を借りることができたので、サクサク大きな橋を越えることができました。

若洲堤防には15時に到着。
平日だというのに思ったより混んでいました。
サビキ釣り、ウキ釣り、投げ釣りは同じような割合で、だいぶ投げ釣りの方が増えてきたような気がします。
管理人は堤防の中央に釣り座を構えました。
歩きながら海を覗きこむと、サヨリが群れをなして表層を泳いでいました。
バケツいっぱいサヨリを釣り上げている人もいましたし、まだまだ好調のようですね。

管理人もトリックサビキでサヨリを中心に狙います。
そして太めのイソメ房掛けで投げ仕掛けも投入しておきますが、先客の投げ釣り師と情報交換したところ、 まったくだめだよ、ハゼすら釣れない。 とのことでした。

トリックサビキを投入してすぐにサヨリがワラワラと集まってきました。
餌は啄みますが、針掛かりしません。
この後、度々サヨリの群れが通りがかりますが、トリックサビキは見抜かれ、全然トリックになっていないようです。
釣れるのはシコイワシですね。
鈴なりではなく、ポツポツと釣れます。

堤防
16時30分となり、だいぶ陽が傾いてきました。
サヨリ狙いの方は皆、片付け始めました。


サヨリはあきらめて、広範囲に探っていると、底付近でシコイワシと違う反応。
リールを巻くと、小魚が掛かっていました。

豆アジ
サッパかと思ったのですが、よく見たら豆アジでした。


若洲で豆アジはなかなか珍しいと思ったのですが、今年はよく釣れていたようですね。
しかし、時合いはすぐに終了し、2匹しか釣れませんでした。

陽が完全に落ち、帰ろうかと思ったのですが、夜のサビキは何が釣れるのだろうと興味があったので、このまま続けてみることに。
結果はポツポツとシコイワシが釣れ続けただけで、思いがけないヒットはありませんでした。
しかし、12月だというのに暖かいです。14℃もあります。
夜釣りも苦にならないので、しばらく落とし込みを試しました。

堤防の付け根からキャンプ場前を試しましたが、たいした収穫は無く、21時に納竿。
ちなみに投げ仕掛けにはまったく当たりがありませんでした。

釣果
今日の釣果です。
シコイワシは唐揚げにしましたが、なかなか好評でした。
もちろん豆アジも美味しかったです。


前回、食するという観点からするとサヨリは飽きたと書きましたが、知人に話したところ、 なぜ釣った新鮮なサヨリを刺身で食べないんだ? と言われ、再びサヨリ釣りにモチベーションが高まってきました。
トリックサビキは不発でしたので、次回はウキ釣りで攻めたいと思います。

まだまだサヨリ


  • 日付:12月5日(土)
  • 時間:8:00〜14:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:12:05
  • 干潮:5:44/19:33
  • 潮回り:小潮
  • 場所:若洲海浜公園(堤防)


まだまだ湾奥ではサヨリが好調のようです。
横浜方面でも浦安方面でも釣れていますし、若洲でも釣れているようです。
30p近い良型が釣れている一方で、なかなか針掛かりしないという情報でしたので、これは面白そうとまたしてもサヨリ狙いの釣行となりました。
早朝自転車釣行も考えたのですが、12月に入り、家族連れも減ると予想して、始発のバスに乗り込みました。

若洲堤防には8時に到着。
キャンプ場前はガラガラ、堤防はちらほら釣り人がいましたが、予想通りハイシーズンの混みようではありません。
それでも堤防の中央は人気が高く、トリックサビキの先客で占められていました。
管理人は少し歩いて、やや先端よりの場所に釣り座を構えました。

堤防
先端付近を見渡すと投げ竿が並んでいました。


今日もトリックサビキでサヨリを中心に狙います。
前回に引き続き、カレイかイシモチ狙いで投げ仕掛けも投入しておきます。
開始して1時間ほどはほとんど当たりはなく、タナを探っていると掛かるのは小さいシコイワシ。

シコイワシ
5p〜7pほどです。
それも単発です。


今日は厳しいかなあと思っていましたら、9時30分過ぎから状況に変化が見え始めます。
堤防中央付近でサヨリが釣れ始めると、堤防全体でサヨリの釣果が見られるようになりました。

やはり表層が中心ですが、中層でも掛かりますので、まだまだ相当なサヨリが接岸しているようです。
確かにこの調子ですと年内は釣れるかもしれません。
ただし、情報通り針掛かりしません。
バラしも多いです。(管理人だけではありません・・・)
しかし駆け引きが楽しめる面白さがあります。
陽が昇り海面から影が消えると、一層サビキ釣りにサヨリが警戒し始めます。

仕掛けの周りに群がるサヨリを目視で確認できますが、無視していきます。
そこで陽が差さない中層中心に探ると、当たりが出るようになりました。
アミエビも大きめに付けた方が喰いはよかったように思います。
昼になるとウキ釣りの方が有利になり、隣のウキ釣り師が次々とサヨリを釣る中、管理人は淋しく待ちぼうけという時間帯もありました。

14時過ぎにアミエビブロックがなくなったので納竿。
投げ仕掛けに一度だけ当たりがありました。
弱い当たりだったのでハゼかと思い、仕掛けを回収してしまいましたが、カレイの前当たりの可能性も否定できないので、帰りのバスで頭を抱えてしまいました。

釣果
今日の釣果です。
サヨリは平均27p、30pオーバーのサヨリも釣れていました。


釣りモノとしてはなかなか楽しめるサヨリ。
しかし、食するという観点からすると飽きがきてしまいました・・・
次回は投げ釣り中心で考えています。

>>先頭に戻る