東京湾奥、若洲海浜公園・青海南ふ頭公園での釣行日記 : 2015年4月

 :ホームページのご意見・ご感想はこちらまで 
   専用フォームからお願いします

釣行日記


初イシモチ!


  • 日付:4月26日(日)
  • 時間:10:30〜15:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:8:58/23:55
  • 干潮:3:59/16:48
  • 潮回り:小潮
  • 場所:青海南ふ頭公園(護岸・ワンド)


だいぶ春めいてきました。
日中は汗ばむような陽気、水温もだいぶ上昇してきて、本牧の方ではシロギスの釣果も上がってきているようです。
海の様子を探りに行きたかったのですが、なかなか仕事が忙しかったり、天候に恵まれなかったりで行けずじまい。
ようやく日曜日は晴天、仕事も休み、長男の少年野球も選挙の影響で練習が休みということで、久しぶりにファミリーフィッシングを計画。
どこに行こうか悩んでおりましたが、空いていて、日陰もあり、運動もできそうな釣り場ということで、青海南ふ頭公園に決定しました。

9時30分に自宅を出て、自転車で豊洲駅へ。
駐輪場が一時閉鎖中というアクシデントはあったものの、ゆりかもめで10時30分には釣り場に到着。
どうせ誰もいないだろうと思ったら、意外にも投げ竿が並んでおりました。

護岸
希望の場所は空いておりましたので、早速確保。
潮はそれほど濁っておりませんでした。

ワンド
ワンドも貸切状態でした。
カミさんがサビキ釣りに挑戦することに。
時期的に期待薄ではありますが・・・

護岸
分かりにくいですが、地元のおじさん風釣り師が10人ほど。
朝からまだ誰も魚を釣り上げていないのだとか・・


今日ははじめから期待などしておりません。
子供たちには 魚一匹でも釣れれば奇跡だ。 と言っておきました。
下げ潮が効いている昼間までにセイゴあたりが掛かれば御の字かなと思っておりました。
ただ家族でゆっくりとした時間を過ごせれば良いのかなと。
子供たちも木陰に敷いた敷物で寝っ転がったり、3DSで遊んだり、たまにちょい投げしたりと気ままな時間を過ごします。

下げ潮なのに左から右に潮が流れる現象は、若洲堤防の小潮でも目撃しました。
南風も吹き付け多少釣り難いですが、25号の錘で十分止まってくれますので、投げ釣りは成立します。
護岸から前方80mに潮目が出来上がっていましたので、仕掛けを投げ込み置竿にしておきました。
ワンド内でカミさんと次男はサビキ釣り、長男はちょい投げに挑戦です。

原っぱ
何も当たりがないので、原っぱで長男とキャッチボールタイムになりました。
コスプレ軍団もそれほど多くなかったですね。


お昼休憩をとったあと、置竿を起こすと重みがあります。
ゴミか何かかなとリールを巻きます。
重量感はありますが、引きもないので、たんたんと巻いてきましたら、なんとまあ魚が掛かっているではありませんか。

イシモチ
28cmの良型イシモチが掛かっていました。
タモですくい上げ、思わぬ釣果に子供たちも大喜び。
何げにイシモチ初釣果です。


針を飲み込んで既にお亡くなりになっておりました。
せっかくなので、夕食で頂くことにしました。

その後、同じポイントを攻め続けましたが、当たりはありませんでした。
カミさんはお昼寝タイム、管理人も再び長男とキャッチボール。
次男はゲーム機で遊んでいましたが、お腹が痛いと言い出したので15時にて撤収。

ムニエル

イシモチはなんとか捌いて、調理はカミさん任せに。
素敵なムニエルに変身しました。


スーパーで購入すると500円くらいするみたいなので、なかなか価値ある一枚となりました。
淡白な白身魚のムニエルは絶品でした。

今年は真剣にシロギス釣りをしたいと考えている管理人です。

>>先頭に戻る