東京湾奥、若洲海浜公園・青海南ふ頭公園での釣行日記 : 2015年2月

 :ホームページのご意見・ご感想はこちらまで 
   専用フォームからお願いします

釣行日記


ポカポカ陽気に誘われて


  • 日付:2月28日(土)
  • 時間:9:30〜12:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:3:05/12:35
  • 干潮:7:12/19:58
  • 潮回り:長潮
  • 場所:晴海ふ頭公園


夜釣りで惨敗してからというもの、なかなか釣りに出かける気が起きませんでした。
しばらく充電かなあと思っていたのですが、徐々に釣竿を手に持ちたくなりました。
金曜日、天気予報を調べてみると、土曜日は天気も良さそうだし、風もそれほど強くない。
日曜日は一転、一日中雨ということなので、久しぶりの釣行を決意。
ポカポカ陽気となりそうな土曜日の午前中に出かけることにしました。

金曜日の夜に思い立ったので、釣り餌を購入する必要があります。
こういう時、ルアーマンはいいなあと思います。
さすがに我が家の冷蔵庫にイソメを保管することなど許されませんから・・・
というわけで、朝早くから営業している月島の釣具店に立ち寄ることに。
問題は月島からどこの釣り場へ行くか。
自転車釣行ですから、豊洲経由で青海でもよかったのですが、午前中のみの釣行なので、すぐに竿を出せそうな釣り場がないかチェックしていると、晴海ふ頭公園を見つけました。

夜釣りではメバルなんかも釣れるみたいです。
昼はシーバスが中心とのことですが・・・ 貽貝が散乱していて根掛かりがひどい とか まったく何も釣れない など余り評判がよろしくありません。
それでも月島から自転車で10分ほどなので、晴海ふ頭公園で竿を出すことにしました。

護岸
フェリー乗り場の脇道を通り、公園の中へ。
さらに進むと護岸が見えてきました。
釣り人はゼロでした、独占です。

護岸
それもそのはず。
護岸は工事中とのことでした。
竿を出せるスペースは一人分しかありませんでした。
誰もいなかったので、とりあえず場所を確保します。


海面に目を移すと、水深約1mでしょうか。
透き通っていて、海底に貽貝の塊がいくつも散らばっています。
潮は動いているようでしたが、確かに余り釣れそうな雰囲気ではありません。

大きな船舶も停まっており、写真撮影に訪れる人もいました。
しかし、青海に比べれば散歩客は少ない気がします。

とりあえず、投げ仕掛けを70mほど遠投しておきます。
釣れません・・・

護岸
目の前にはこのような橋脚がありました。
ちょい投げで狙ったりしてみましたが、当たりはありませんでした。


途中、城南島がホームグランドのおじさんに話しかけられました。
ヘチ釣りが好きなようです。
話を聞いてみると、ここはハゼがよく釣れるそうです。
まあ、東京湾奥であれば、ハゼはどこでも釣れるのですが・・・

2時間半ほどの釣行でしたが、今日も釣果なし・・・
3月こそは魚に出会いたいものです。

帰り際、都営バスと頻繁にすれ違いました。
四谷発もありましたが、錦糸町発もありました。
バス一本で来ることができたらそれは便利です。
でも、もう来ないだろうなあ・・・

冬の夜釣り


  • 日付:2月4日(水)
  • 時間:18:00〜21:00
  • 天候:晴れ
  • 満潮:5:42/17:03
  • 干潮:11:24/23:42
  • 潮回り:大潮
  • 場所:若洲海浜公園(堤防)


ある日天窓を開いてみたら、学生時代に愛用していたスノーボード用品が眠っていました。
ウェア上下、グローブはまだまだ使えそうです。
かなり奮発して購入した割には数回しか使わなかった代物。
せっかくなので冬の夜釣りで利用してみることにしました。

というわけで、17:00に自宅を出て、都営バスで若洲海浜公園へ向かいます。
18:00前に到着しましたが、堤防は非常に閑散としていました。
スノーブーツに、ウインタースポーツ用のウェアと完全な装備。風もないので寒さは気になりません。
大潮ということもあり、空には満月が明かりを照らしていました。

今日はヘチ釣り一本で勝負することにしました。
要するに何でも良いので釣りたいわけです。
堤防の先端の方で、電気ウキがちらほら見えましたが、釣り人は管理人含めて5人程度でしょうか。
付け根から探っていくことにしましたが、案の定当たりはありません。
少しづつ場所を移動しながら糸を垂らし続けます。
コツっという弱いあたりが数回ありましたが、生命反応は非常に乏しいです。

堤防
堤防の中央付近です。
防止柵の取付工事は順調に進んでいるようですね。

灯台
探り続けて堤防の先端までやって来ました。
分かり難いのですが、赤灯台が撤去されています。


当たりはなく、トボトボと堤防の先端から付け根まで戻ることにしました。
最初は万全だった防寒対策。しかし時間の経過とともにやはり冷えますね・・・
周囲に人がいないせいか、だんだんと心も寂しくなり、敢え無く衲竿となりました。

まったく書く事がないので日記の更新をためらったのですが、いつか読み返す時が来るかもしれないということで、書き残すことにしました。
今年最大の寒波襲来という知らせも耳にする昨今、もう少し暖かくなったら釣行に出かける予定です。
この冬の目標はカレイとしていましたが、どうやら今年も達成は難しいかな・・・

>>先頭に戻る